高額な利息を債務整理で見直す手続きをしましょう

債務整理の手続きを行うのは大変なのではと思っている方も多いことでしょう。しかし、弁護士に手続きを依頼してしまえば、手間も時間もかかりません。弁護士が債権者へ受任通知をしたあとに取引履歴の開示請求を行います。

受任通知を受け取ると債権者は、請求や取り立てを行うことはできません。
もちろん、返済もストップすることができますので、精神的な苦痛からも開放されることでしょう。現在、利息制限法により通常18%の利息が取られます。

そのため、これよりも高い支払額を請求されている場合は、再計算し本来の借金総額を見直すことができます。また、将来の利息をカットできるのも嬉しい点です。債務整理の手続きを弁護士に依頼すると債権者との和解がスムーズです。

借入件数や借入先によって手続き完了期間は差がありますが、約半年ほどで謝金問題を解決できます。
ご自身だけでは解決することが難しい借金のトラブルも弁護士が代わりに対応してくれるので、安心してお任せできるでしょう。

関連記事

  1. 銀行系カードローンの借金の債務整理の方法とは

  2. ブラックリストとはどういうものか

  3. 過払い金請求ができるのはどんな時?

  4. 知って損なし任意整理「任意整理のメリット・デメリット」

  5. 債務整理で結婚にはどんなデメリットがある?

  6. 平成19年以前の借金は過払い金の可能性「大」