長い期間借金返済をされている方は過払い金請求の対象かもしれません

色々な事情で借金をし続けている方は多くいらっしゃいます。多くの方は一社だけでなく、消費者金融やクレジットカード、銀行と多社からの借り入れをされているケーズがあります。もし、借金を始めたのが、平成19年以前であれば過払い金請求の対象になる可能性が高いです。ぜひ、確認する事をお勧めします。利息の上限は利息制限法という法律で決められています。しかし、この法律で決められていた以上の利息を請求しても罰則が無いので、多くの金融機関は規定以上の利息をとっていたのです。しかし、規定以上の超える利息部分は無効となり、払い戻しができるのです。つまり、払いすぎた利息がかえってきます。長く借り続けていた方は、もう返済する必要がなくなる事もあります。しかし、大手金融機関で借り入れをしている場合は交渉しやすい感じがありますが、消費者金融が交渉相手だとひるんでしまう方もいらっしゃるでしょう。ご紹介させて頂く法律事務所はは数多くの債務整理に携わってきた弁護士が在籍しておりますので、安心してご相談ください。まずは、過払い金請求の対象かの確認をされる事をお勧めします。

関連記事

  1. 債務整理のメリットとデメリット

  2. 債務整理完了後住宅ローンとマイカーローンを組む際の注意点

  3. 債務整理で結婚にはどんなデメリットがある?

  4. 借金の消滅時効を待って時効を援用するか?それとも債務整理を行うか?

  5. 弁護士に債務整理を依頼すると着手金は取られてしまうのか?

  6. 借金を滞納した場合のリスクと究極の回避手段