金利の高いローンは借り過ぎに注意!早めに整理しよう

保証人も担保も不要なカードローンを使う人が増えています。使途自由で借入れ、返済も任意のタイミングでできるため大変便利なものですが、個人の信用を元にお金を貸してもらっている分、金利が比較的高いのが難点で、場合によっては年利15%などかかることもあります。

カードローンの借金でも給料日にお金が入ったら即全額返済が可能なうちはいいのですが、支払い方法にリボ払いを選択すると利子がどんどん膨らんでいき、気がつけば利子分しか返せずに元本が全然減らないというケースも起こり得ます。

このような状態は極めて危険で借金を返すために他の業者からお金を借りるという、いわゆる多重債務に陥るのも時間の問題と言えるでしょう。

借りた金額が年収の三分の一を超えるようになると、これまでの例ではほぼ返済不能です。
そのような事態に陥ったときは債務整理を考えてください。債務整理の手段としては専門家の支援に基づいた任意整理をおすすめします。

関連記事

  1. 安定した収入がある方には自己破産より個人再生をおすすめします

  2. 長い期間借金返済をされている方は過払い金請求の対象かもしれません

  3. 大切な資産を残すことは可能なのか?

  4. 知っておきたい過払い金請求の流れ

  5. クレジットカードを残して債務整理する場合

  6. 債務整理を行うとマイホームを手放さなければならないのか?