過払い金請求の時効とブラックリストへの記載について

過払い金の請求手続きには、時効があります。その期間は、返済の完了から10年です。完済後10年経っていないということで、利息制限法の限度を超えた利息を支払ってい期間があれば、過払い金請求ができることになります。過払い金に心当たりがある方は、一度チェックされることをおすすめします。債務整理.comの紹介している法律事務所には、過払い金請求を多く手掛けた実績のある弁護士が在籍しています。過払い金のチェックはインターネットでシミュレーションすることも可能ですが、正確な金額などを知りたいということであれば、ご相談ください。過払い金請求を考えるにあたり、完済している方なとですと当時の契約書類や領収証などがないという方が少なくありません。この場合も、過払い金請求は可能です。金額などは、該当の金融会社に取引の履歴が保存されていて弁護士からの依頼で提出してもらえます。気になるブラックリストへの記載については、完済後の過払い金請求であれば掲載されることはありません。その他気になる点があれば、どんなことでもお気軽に債務整理.comのご紹介させていただく法律事務所までご相談ください。

関連記事

  1. 投資に失敗で巨額の損失でも債務整理は可能なのか

  2. クレジットカードを残して債務整理する場合

  3. 任意整理と過払い金請求、方や個人再生・自己破産の温度差

  4. グレーゾーン金利の返還請求は正当な権利です

  5. 自己破産の弁護士費用は分割払いでOK

  6. リボ払いで返済不能になる前に早目に弊社へご連絡ください