過払い金請求ができるのはどんな時?

過払い金請求ができるのは、どんな人なのか、自分にもあるのではない過渡期になる人は少なくありません。対象となっているのは2008年12月以前にローンや融資の申し込みをしたことのある人や、完済してから10年以内の人が対象といえます。

借りた金融機関として対象となるのは、消費者金融や信販会社、クレジットローンがメインです。そればかりではなく、ショッピングローン・エステサロンローンをはじめとした、お店で買うときにローンを組んだ人も対象とされています。

これらのローンが完済している場合、過払い金が発生している可能性が少なくありませんので、今まで買ったものやローンを組んだものに対して見直してみませんか。うっかり忘れていた人も少なくないため、ローンの金利がグレーゾーン時代といわれる時代にバイクや高いアイテムを買ったという人も多いでしょう。

返済が既に完済しているのであれば、一度書類を見直してみることも必要です。2008年12月より前であれば帰ってくる可能性があるため、弁護士に相談して返却してもらいましょう。

関連記事

  1. 債務整理はバレずにできるのか?

  2. バレずに借金を完済する方法を伝授します。

  3. 将来の生活を考えれば債務整理も必要です

  4. 知るとゾッする!結婚してから人生にかかるお金の額は?

  5. 金利の高いローンは借り過ぎに注意!早めに整理しよう

  6. 債務整理をしたあとでも、クレジットカードは持てる?いつくらいから持てるか解説