返済不能になった場合の自己破産という手段

借金が積み重なってしまい、返済不能のなって債務整理を行う時、借金の総額が大きくて明らかに返済不能の場合は自己破産をおすすめします。自己破産にはデメリットが多いと思われている方がとても多いですが、不自由になる点はごくわずかです。自己破産後は、新たな借金ができません。カードローン、クレジットカードなどは5年から7年前後、使用できなくなります。しかし、自己破産以外の債務整理を行っても、同様に新たな借金はできなくなるので、自己破産に限るデメリットとは言えません。多くの方が、親兄弟、家族の財産、資産を没収されるとお考えのようですが、自己破産はあくまでも破産手続きを行う本人にのみ適用されます。家族名義の資産には影響ありませんのでご安心ください。仕事にも基本的に影響はありません。自分から職場に話さなければ、自己破産したことが職場に知られることはほとんどありません。仮に職場に自己破産したことが知られても、それを理由に解雇されることはありませんのでご安心ください。

関連記事

  1. 自己破産を検討したらまずは相談を

  2. 個人再生による借金整理をおすすめします

  3. 奨学金による借金という問題を解決

  4. 結婚前に債務整理を行うべきか否か

  5. 債務整理をしたらブラックリストに載る?その期間と影響とは

  6. 借金の問題をより早く解決するなら