誘惑の多い大都市で債務整理を考えることになったら

借りているお金の返済が苦しいときに、その苦しさを何とかするために行うのが債務整理です。ただ、債務整理には4つの手段があり、どれを選ぶのが適切かという判断ができないと、こんなはずではなかったという後悔をすることにもなりかねませんので、慎重な判断が必要となってきます。

お金が必要になる誘惑が多い大都市に住んでいる人は、お金を借りやすい環境でもあるため、どうしても借金を抱えてしまう傾向にあります。そのため、借金問題解決のための債務整理をどのような方法にするかは難しい問題です。

任意整理が最も簡単な方法ですが、元本返済は続くため、利息分はもちろん元本返済までが苦しいとなれば、借金の額を減らせる個人再生という選択肢になります。

裁判所への手続きが必要ということから、必然的に弁護士に依頼することになり、その分の費用はかかりますが、周りに知られることなくマイホームなどを所持したままで借金負担が軽くなる方法です。

長い間返済し続けてきた方に適した解決策


借金をしたのがかなり前のことで、当時の借入利息が20%を超える金額だったとしても、借りたのは自分の責任だからとコツコツ返済し続けている人もいるでしょう。
ただ、グレーゾーン金利が問題になったことから見直しが行われ、長く借りて返済し続けている場合、計算をし直すことで利息分はおろか、元本まですっかり返済できているというケースがしばしばあります。

さらには払い過ぎということも珍しくないことから、債務整理においては過払い金請求という方法が採られます。過払い金請求を行うのは債務者本人ではなく、弁護士か司法書士といった法律家でないといけません。

債務者が直接債権者に交渉しても埒が明かないどころか、そもそも言いだせないでしょう。そこで、過払い金請求をどこに依頼すればいいのかでも悩んでしまいます。ベストなのは、過払い金請求に強い弁護士や司法書士を選ぶことです。10年以内に請求を起こさないと無効になってしまうことにも注意して、早く行動を起こして解決することがおすすめです。

利用しやすい弁護士事務所が増えています

現在、債務整理を得意とする弁護士事務所が増えています。このような弁護士事務所を選ぶと短期間で借金の悩みとサヨナラできるだけでなく、費用を抑えて債務整理の手続きが行えます。

弁護士に債務整理の手続きを依頼すると高額な費用がかかってしまうと思っている方も多いかもしれません。
しかし、借金問題の解決法を知っており、交渉術が素晴らしい弁護士に依頼することで短期間で問題解決が実現するため、弁護士費用を抑えることもできます。
仕事や育児が忙しい方は、土日にも対応している弁護士事務所を選ぶといいでしょう。

自分のスケジュールに合わせて利用できるのはもちろんのこと、様々なニーズに応えてくれます。債務整理は、弁護士のみならず司法書士に依頼することもできますが、1社で債務の元金が140万円を超える際には、司法書士は手続きすることはできません。そのため、多額の借金を抱えている方は、弁護士に相談することが必須と言えるでしょう。

よくある質問

弁護士が受任通知を送ると、債権者が直接依頼者に取り立てを行う行為は法律で禁じられています。
この規定に違反した場合、厳しい罰則があるため、ほとんどの貸金業者は、取立行為をしなくなります。

弁護士よりも司法書士に依頼した方が債務整理の費用を押さえられることが多いです。

司法書士は140万円以下の簡易裁判所で扱う事件り弁護士と同様の権限を有しています。140万円を超える場合は弁護士に依頼する必要があります。
また自己破産、個人再生は弁護士に依頼する必要があります。自己破産や個人再生などの手続が必要となった場合には司法書士に書類を作成してもらって、依頼者本人で申立て(本人申立て)をすることになります。

貸金業者から借入れした場合の時効期間は5年です。信用金庫、信用組合、個人の貸金業者は10年となります。

はい。内緒で手続きを行うことができます。

保証人に請求がなされます。ですが保証人付きの債務だけ手続きの対象から外すことも可能です。

Load More

任意整理相談所
対応エリア 全国
着手金 無料
メール・電話相談 無料
相談可能時間 24H365日
実績 ★★★★★
総合評価 ★★★★★

アストレックス司法書士 債務整理
対応エリア 全国
着手金 ASK
メール・電話相談 無料
相談可能時間 9:00-21:00
実績 ★★★★★
総合評価 ★★★★☆

エストリーガルオフィス
対応エリア 全国
着手金 無料
メール・電話相談 無料
相談可能時間 9:30-21:00
実績 ★★★★★
総合評価 ★★★★☆

関連記事

  1. 債務整理をすると結婚できなくなる?結婚生活にも影響を与えるって本当なの?

  2. 消費者金融にはなく銀行カードローンにはあるリスクとは

  3. 自己破産を検討したらまずは相談を

  4. クレジットカードの使い過ぎによる借金もご相談ください

  5. 債務整理を行うとマイホームを手放さなければならないのか?

  6. 債務整理完了後住宅ローンとマイカーローンを組む際の注意点