複数の金融機関からの借金は・・

複数の金融機関から借金を重ねていると、いったいどれだけの借金があるのか分からなくなってしまうことがあります。

また次々に借金の催促が来ることで精神的にも追い詰められたような状態になってしまうことでしょう。今は気楽にお金を借りることができる反面、そのつけが回ってきて後悔している人も少なくないのです。

複数の金融機関から借金を重ねてしまった人は、その借金を一つにまとめてみることをおすすめします。

そのことによって借金の総額が明確になるだけでなく、金利を低く抑えることができる可能性もあります。

通常ローンは額が大きいほど金利は低くなるからです。おまとめローンなどの名称で、複数の金融機関のローンを一つにまとめることができるサービスを設定している金融機関を利用する審査に通りやすいです。

しかし、借金を一つにまとめるくらいでは間に合わないほどの借金に膨らんでしまった場合はどうしたら良いのでしょうか。そのような場合は債務整理を行う必要があります。借金を減額させることが可能です。

よくある質問

弁護士が受任通知を送ると、債権者が直接依頼者に取り立てを行う行為は法律で禁じられています。
この規定に違反した場合、厳しい罰則があるため、ほとんどの貸金業者は、取立行為をしなくなります。

弁護士よりも司法書士に依頼した方が債務整理の費用を押さえられることが多いです。

司法書士は140万円以下の簡易裁判所で扱う事件り弁護士と同様の権限を有しています。140万円を超える場合は弁護士に依頼する必要があります。
また自己破産、個人再生は弁護士に依頼する必要があります。自己破産や個人再生などの手続が必要となった場合には司法書士に書類を作成してもらって、依頼者本人で申立て(本人申立て)をすることになります。

貸金業者から借入れした場合の時効期間は5年です。信用金庫、信用組合、個人の貸金業者は10年となります。

はい。内緒で手続きを行うことができます。

保証人に請求がなされます。ですが保証人付きの債務だけ手続きの対象から外すことも可能です。

Load More

任意整理相談所
対応エリア 全国
着手金 無料
メール・電話相談 無料
相談可能時間 24H365日
実績 ★★★★★
総合評価 ★★★★★

アストレックス司法書士 債務整理
対応エリア 全国
着手金 ASK
メール・電話相談 無料
相談可能時間 9:00-21:00
実績 ★★★★★
総合評価 ★★★★☆

エストリーガルオフィス
対応エリア 全国
着手金 無料
メール・電話相談 無料
相談可能時間 9:30-21:00
実績 ★★★★★
総合評価 ★★★★☆

関連記事

  1. クレジットカードを残して債務整理する場合

  2. クレジットカードの使い過ぎによる借金もご相談ください

  3. プロミスで借りている借金が返済できなくなってしまった時

  4. 債務整理でブラックリスト入り、その後お金は借りられる可能性は?

  5. 債務整理を行うとマイホームを手放さなければならないのか?

  6. 将来の生活を考えれば債務整理も必要です