自己破産の手続きは2種類の方法があります

借金問題を解決して人生の再出発をしたい方にぜひとも知って欲しいのが債務整理です。債務整理の中でも自己破産は、多くの方が利用している手続きとなっており、借金とサヨナラして新しい人生をスタートしています。自己破産は、2つの手続き法があります。資産価値の高い財産がある場合と免責不許可事由がある場合では、手続き法に違いがあるのです。また、自己破産の手続きを行う際には、裁判所を通さなければいけません。

さらに自ら裁判所に足を運んでいただく必要があります。債務整理をご希望の方は、弁護士の力に頼ってみることをおすすめします。しっかりとヒアリングを行ったあとでベストな形で手続きを進めていくので、トラブルはありません。

債権調査や申立書の手続きまでには約4ヶ月ほどかかりますが、弁護士がお手伝いいたしますので、皆様が頭を悩ませてしまうことは一切ございません。短期間で借金の悩みを解消したいなら、解決実績の多い弁護士事務所に相談することが大切です。

ブラックリストに載るとどんなことができなくなるの?

ブラックリストに掲載されると、何がどうなるのか気になる人は多いでしょう。結論からいうと、新しいクレジットカード・ローンの申請は不可能です。全てのローンやカードの申請は通らなくなるため、注意してください。

また、現在保有しているカードも強制解約される可能性が高いため、高速や家賃、ライフライン系を全て現金で支払わなければならなくなります。信用情報に傷がつくのは任意整理・特定調停・個人再生・自己破産となっていますが、信用情報機関によっては掲載しない部分もあるため、注意が必要です。任意整理の状況によっては最長10年は掲載されているところもあるため、注意してください。

それでも、日々返済のために頭を悩ませる必要もなく、支払いを適切に行って無事平穏に返済ができるようになる生活は、家族や親戚にも良い影響を与え、結果として将来再びローンやクレジットカードを利用できるようになる可能性が高くなります。現在任意整理を行っているのであれば、早く返済して全てキレイにしてブラックリストに掲載が消えるような信用情報にしてください。

関連記事

  1. 長い期間借金返済をされている方は過払い金請求の対象かもしれません

  2. 知るとゾッする!結婚してから人生にかかるお金の額は?

  3. 債務整理はバレずにできるのか?

  4. ブラックリストに怯えず債務整理を行えます

  5. バレずに借金を完済する方法を伝授します。

  6. 弁護士に債務整理を依頼すると着手金は取られてしまうのか?