自己破産したらライフラインの支払いはどうなるか

お金を借りて支払いできない人を救って、経済的に再建できるようにする制度が債務整理です。支払いで滞納しているものに対して、支払いができるようにプロがサポートすることが少なくありません。滞納しているものの中に、ライフライン系の支払いがあった場合には、債務整理の対象となるのかについては、整理の内容によって異なります。

自己破産した場合の公共料金の支払いの中で、支払わなくていいものは電気・ガス・水道代です。これらは滞納していても他の借りたお金と一緒に免責となるため、自己破産した場合には支払う必要がありません。

ただし、下水道代金はライフラインの中でも徴収されることとなっているため、滞納している分を返済することになります。また、自己破産をしたからといって、ライフラインはとめられることはなく、ただ免責されて支払う義務が発生しなくなるだけですので、安心してください。ただし、申し立てに時間がかかっているとその間に滞納した分によってとめられることはあるでしょう。

個人再生とライフラインとの関係性

どんな債務整理を行ったとしても、ライフライン形は止まることはありません。ただし、料金未納の場合には容赦なく止まります。手続きを開始した日から積極的に支払うことによって、個人再生を理由に止められることはなくなりますので、安心してください。個人再生をしたからといって、全ての支払いがなくなるわけではありません。滞納していた部分は早めに整理をすることが望ましいでしょう。

賃貸物件に住んでいる場合、弁護士に依頼して、住み続けられるかどうか大家と相談してください。家賃の滞納がなければ問題ありませんが、個人再生をした場合、減額に応じてもらえるかどうかは当人の生活態度や大家との関係性、さらに相談した弁護士によるといえるでしょう。

支払いは必ず行わなければならないものだからこそ、支払いを滞納しないようにすることも大切です。また、支払えなくなる前に大家と相談することも、リスクを回避するために必要なポイントといえます。

関連記事

  1. クレジットカードを残して債務整理する場合

  2. 債務整理をしたら貯金はどうなるの?貯金を残すための方法

  3. 債務整理完了後住宅ローンとマイカーローンを組む際の注意点

  4. 大都市ほど多い借金の悩みを相談できる場所探し

  5. 自動車ローンを債務整理すると、愛車を手放すことになるの?

  6. クレジットカードで首が回らなくなった時に最初にする事