借金の相談をするなら民事再生の経験豊富な弁護士に


多くの弁護士が借金の相談を受けると「任意再生ができるか」を検討しできなければ「自己破産」を勧めます。次の解決策として「民事再生」を勧める弁護士が多いようですが民事再生を熟知していない弁護士の場合、相談に行くと民事再生ができるのに自己破産を進める弁護士もいます。一般的に弁護士は法律すべてを熟知し交渉してくれる達人だと思われています。頭の回転が速く弁舌も巧みで相手を言いくるめる姿が浮かぶとおもいます。そのイメージが間違っているわけではないのですが借金問題ではすべてそういうわけではありません。法律を盾にとって法的手段をちらつかせながら交渉をすすめます。ですが借金問題ではお金の貸し借りした債権者と債務者がいて法的に正しいのは債権者です。よって債務者は立場が弱いです。債務整理において経験ある弁護士に御願いするのは必須となります。法的に進めるだけではうまくいくケースもありますが難しいようです。

弁護士だからといって正しいわけではありません。自ら知識を身に付けて

弁護士が債務整理の交渉をできのは「民事再生」「過払い請求」による法的手続きが主な仕事です。借金の交渉は債権者に対する「お願い」「相談」といった姿勢ですので難しい交渉となります。高いお金を払えば弁護士がなんとかしてくれると思われる人もいますが法的な後ろ盾なしだといい交渉の結果は期待できません。弁護士も万能ではありませんので自分自身で勉強し最終的な判断を専門家だけにまかせない方がいいでしょう。専門かだから何から何まで正しいわけではありません。弁護士にお金だけ払って借金が減らなかったという事もなくはありません。弁護士は債権者の利益よりも法的正義を優先します。弁護士は「法の番人」で法律を厳守する事が優先事項だからです。弁護士にすべてを任せているとあなたにとって有益のある解決策よりも法的にスタンダードな解決策を選択されてしまうことになりかねません。

おすすめPICKUP

  1. 債務整理

  2. 自己破産

  3. 債務整理

新着記事

PAGE TOP

個人再生

住宅ローンを債務整理する時、マイホームは手放さないとダメ?

債務整理

総量規制と債務整理すべきかどうかの判断は

債務整理

債務整理は誰にも知られたくないのが本音です

個人再生

クレジットカードで首が回らなくなった時に最初にする事

過払い金

平成19年以前の借金は過払い金の可能性「大」