民事再生で家を残しながら借金を減らす方法

融資を受けるときは、きちんと返済計画を立てることでしょう。しかし、返済計画をきちんと立てていても、病気などで仕事ができなくなってしまったり、会社が倒産してしまったりなど、様々な事情から計画が狂いだし、借金を返済することができなくなってしまうことがあります。そうなると借金に追われるような生活となってしまい、どんどん追い込まれていくことになります。もしこのような事態に陥ってしまった場合、できるだけ速やかに解決策を講じなければなりません。たとえば家や車などを売り払い借金を返済していくという方法を考えるかもしれません。
しかしその家にもローンが残っているとすれば、仮に家を売ったとしてもそれで借金がすべて返済できるとは限りません。また住み慣れた家を手放すのは辛いものです。そのような場合は、民事再生を行うのがおすすめです。民事再生とは債務整理の一つですが、自己破産のように家を手放すことなく、債務だけを大幅に減額することができます。ただ債権者との交渉はかなり難航することが予想されますので、債務整理のプロである債務整理.comのご紹介させていただく法律事務所がお客様に変わって交渉を行いますのでご安心ください。

関連記事

  1. 知っておきたい過払い金請求の流れ

  2. 安定した収入がある方には自己破産より個人再生をおすすめします

  3. 債務整理を行うとマイホームを手放さなければならないのか?

  4. 債務整理をしたら借金が完済するまでどのくらいの期間がかかるのか?

  5. 任意整理でも難しい借金問題の解決法

  6. どの方法を選択してもお金を借りることはできない理由