過払い金

平成19年以前の借金は過払い金の可能性「大」

法令の改正により、現在では正当な業者から借りる限りは、法令に定める以上の利息での貸付の可能性はなくなりましたが、改正以前に借りた方についてはルール違反の高金利で借りている可能性があります。法令を超える金利については法令上無効となるため、払う義務はなく、既に払っている部分については過払い金として返還請求ができます。ご自身が現在返済を続けている消費者金融等からの借り入れが、その対象になるか分からないという方は、気軽に当事務所にお問い合わせください。確認をするだけなら無料で対応しておりますので、気軽に問い合わせができます。既に完済しているという方も、払い過ぎた利息については返還請求が可能です。ただし、完済している場合は10年の時効が進行しているため、早めに請求を行わないと認められなくなってしまいます。債務整理.comのご紹介させていただく法律事務所では専門家として、適切な対応やアドバイスをいたしますので、早急に相談して返還請求できるか確認されてください。

過払い金が生じていないか確認しましょう

少し前に借りて借りた金額は大きな金額ではなかったはずなのに、返しても返しても利息も元金も減らないという方や、昔に借りたカードローンや消費者金融での一括貸付などで金利が24%だったという方や、28%だったという方は既に払ってしまった利息が払い過ぎている可能性があります。現在では20%を大きく上回っている金利は法令上、厳しく規制されていますが、当時から実は違法でしたので、違法に受け取った利息は求めがあれば返さなくてはなりません。契約した時の金利をよく覚えていないという方も、払い過ぎの利息があるか気になるという方も、債務整理.comのご紹介させていただく法律事務所にて借金問題の専門家にご相談ください。契約書や明細書などを持参すれば、利息の過払いがあるかを計算して説明させていただきます。既に借金の返済が済んでしまっている方も、完済から10年を経過していなければ、取り戻せる可能性もありますので、まずは早めに相談をしましょう。秘密厳守ですので、安心して相談ができます。

平成19年以前に借り入れをした方は過払い金が発生している可能性が


過払い金請求という言葉をよく耳にします。利息の上限は利息制限法という法律で決められていますが、多くの人が決められていた利息以上の利息を支払っていたのです。その可能性が高いのが平成19年以前に借り入れをしていた方達です。本当であれば、支払う必要が無い利息を支払い続けていた事になります。当然、払いすぎた利息は取り戻せますが、いつでも良いわけではありません。
過払い金には時効があり、最終取引日から10年で時効になってしまうのです。たとえ、1日でも過ぎれば取り戻す事はできません。その為、過払い金の請求に該当すると思えばすぐに調べる必要があります。大手金融機関だから法律で定められた以上の利息を請求していないと思われる方も多いですが、過払い金対象となっているケースが多くあります。このような心当たりがある方は当社にご相談ください。もし、過払い金請求が必要な時は、当社の弁護士が責任をもって金融機関との交渉や手続きを行います。

過払い金請求と任意整理で借金問題から抜け出しましょう


利息制限法や貸金業法のルールに歪みがあった時代にカードローンや消費者金融での借り入れをした経験がある方は、法律のルールの上限を超えた金利で借りている可能性があり、利息を払い過ぎている可能性があります。払い過ぎた利息は返還請求が可能なので、今も返済し続けて辛い経験をされている方や、既に完済している方もまずは借金問題のプロがいる債務整理.comのご紹介させていただく法律事務所にご相談ください。契約書類や明細書などを持参することで、直ぐに確認させていただきます。完済していてまだ返還請求の10年の時効が来ていない方は、過払い金返還請求によって払い過ぎた利息を取り戻すことができ、資金的な余裕が持てます。一方、まだ返済が続いている方は過払い金を計算してその分を減額して返済額を軽減する任意整理の交渉を行うことも可能です。返済額が大きく減る可能性があり、返済もスムーズになり、生活のゆとりも出て参りますので、法律事務所にまずはお問い合わせください。

関連記事

  1. グレーゾーン金利の返還請求は正当な権利です

  2. 過払い金請求の時効とブラックリストへの記載について

  3. 長い期間借金返済をされている方は過払い金請求の対象かもしれません

  4. 返済が少しでも厳しい時にはまずはお問い合わせください

  5. 知っておきたい過払い金請求の流れ

  6. 以前の借金の過払い金に心当たりはございませんか

おすすめPICKUP

  1. BLOG

  2. BLOG

  3. 個人再生

新着記事

PAGE TOP

BLOG

借金に悩む人が費用を払うことは可能なのか

債務整理

債務整理を行う目安と判断基準を確認しよう

BLOG

銀行系カードローンの借金の債務整理の方法とは

個人再生

公共料金の延滞って債務整理の対象にできるの?

個人再生

消費者金融にはなく銀行カードローンにはあるリスクとは