将来の生活を考えれば債務整理も必要です

毎月の借金の返済は、生活を圧迫してしまいます。いくら計画的に返済していても、病気や怪我などで会社を休職すると収入が減り、支払いが難しくなってきます。返済が滞納されると、貸金業者から電話や督促状が届き精神的にも負担になります。このような状態になると、生活が送れなくなるので債務整理をおすすめします。しかし、債務整理をすると、将来の住宅ローンや自動車ローンを組めなくなったり、クレジットカードやカードローンが使えなくなるリスクがあるので、債務整理をする方が最善の方法と理解していても、躊躇してしまいます。金融機関は融資をする時に、信用情報機関から返済履歴や借入の情報を調べ、融資できるかの判断をします。
債務整理をすると信用情報機関に記録が残りある一定の期間は融資が受けられなくなります。信用情報機関により登録期間は違いますが、任意整理であれば5年間が多いです。自己破産だと10年間登録している信用情報機関もあります。けれど、融資をする金融機関が一番重要視することは、返済能力です。安定した収入と社会的信頼があれば、たとえ債務整理後でも一定の期間が経過すれば融資は可能です。将来の生活を考えれば、債務整理も必要です。ぜひ、悩まずにご相談ください。

関連記事

  1. 債務整理の中でも残せる方法はひとつだけある

  2. 司法書士法人杉山事務所の口コミ・批判・体験談

  3. 債務整理の基礎知識として知っておきたい過払い金請求ができる人できない人

  4. 債務整理のメリットとデメリット

  5. 住宅ローンを債務整理する時、マイホームは手放さないとダメ?

  6. 債務整理中や債務整理したあとにお金を借りるにはどうする?