家族に内緒で任意整理を完了させたいなら

任意整理を行うと家族にばれると感じている人は少なくありませんが、任意整理の場合、官報に掲載されることはないため、ほとんど内緒のままで済ませられる場合が少なくありません。ただし、配偶者や両親、親族を連帯保証人としている場合は、話が別です。連帯保証人つきで債務整理を行うと、連帯保証人に請求がいってしまうため、注意してください。

身内にばれることなく任意整理を終えたいのであれば、連帯保証人に家族を使っている融資のみ、対象外としてそれ以外の負債に対しての任意整理を行うことが望ましいでしょう。また、弁護士に相談する場合、家族には絶対内緒にしてほしいことを伝えておくことで、任意整理を行うときに家族や親族、配偶者を巻き込むことは避けられます。

弁護士の書類を郵送してもらうとばれるため、郵送や連絡方法には気をつけましょう。携帯電話を使ってやり取りし、必要なときには事務所に書類を取りに行くことで、家族には不審に思われずに任意整理を完了させることができるでしょう。

ローンの支払回数は少ないほうが金利がお得

現代は簡単にローンでお金を借りることができる時代です。審査もあっという間に終了し、こんな簡単にお金を借りられるなんてと驚かされる方もいることでしょう。もちろん金融機関としても貸し倒れのリスクがあるわけですが、それでもライバル会社との競争に生き残るために必死なのです。

ところで、簡単にお金を借りることができるからといって無計画にお金を借りてしまうと、お金が返すことができないという事態に陥りかねませんので、返済計画をきちんと考えたうえで借りる必要があります。

また返済のポイントとして、できる限り返済回数(期間)を短くするのが、金利負担を減らすためにも重要です。返済回数が多くなるほど、1回の返済額は少なくて済むのですが、長い期間お金を借りるほど金利分が多く発生することは覚えておくと良いでしょう。

なお、もし何らかの事情でローンの返済ができなくなってしまった人は、債務整理を行う必要があります。その際には弁護士や司法書士に相談すると、スムーズに手続きを進めてくれます。

関連記事

  1. 債務整理はバレずにできるのか?

  2. 大都市ほど多い借金の悩みを相談できる場所探し

  3. 司法書士法人杉山事務所の口コミ・批判・体験談

  4. 奨学金による借金という問題を解決

  5. 複数の金融機関からの借金は・・

  6. 過払い金返還請求と債務整理は似ているようで異なっているのをご存知ですか?