安定した収入がある方には自己破産より個人再生をおすすめします

債務整理というと、自己破産を思い浮かべますが方法はそれ以外にもあります。
裁判所を介さずに直接債権者と借金の減額や支払い方法、利息などを交渉する任意整理、任意整理とは違い裁判所を介する個人再生です。裁判所を介さないことから、家族や会社に債務整理のことが知られないので任意整理を選択する方が多いです。
しかし、多額の借金がある場合や、過払い金請求の対象外であると、任意整理ではメリットが少ない場合があります。このような方が検討する債務整理は、自己破産か個人再生でしょう。個人再生は住宅ローンを除いた全ての債務が対象で、裁判所に申し立てをして借金を減額する方法です。自己破産を避けたい人にお勧めです。500万円以内の借金は100万円に減額、500万円以上の借金は5分の1に減額できるのが基本設定です。しかし、あくまでも安定した収入がある人には個人再生はできますが、無職の方には自己破産を選択することになります。これは、収入状況や借入状況によって変わりますので、専門家に相談することが大切です。債務整理.comのご紹介させていただく法律事務所は多くのケースに対応した経験のある弁護士が在籍していますので、安心してご相談ください。

関連記事

  1. クレジットカードを残して債務整理する場合

  2. 実は回数に制限はない債務整理を二度目に行う時の注意点とは

  3. 自己破産で人生のリセットをおすすめいたします

  4. 借金減額に効果大!過払い金が発生する条件とは?

  5. 以前の借金の過払い金に心当たりはございませんか

  6. 住宅ローンを債務整理する時、マイホームは手放さないとダメ?