大切な資産を残すことは可能なのか?

返済中の借金を債務整理したら、家や車など自分の財産はどうなるのでしょう。債務整理を行い借金問題を解決したいと思っていても家や車を手放さなければいけないとなると手続きを行うことに躊躇してしまうかもしれません。しかし、任意整理を選べば家を手元に残すことができます。

住宅ローンの返済が難しいという場合は、自己破産を選ばなければいけませんが、返済を続けられる可能性があれば大切なマイホームを手元に残すことも実現します。車はというと現金購入していたりローン返済が既に終わっていれば問題なく手元に残しておくことができます。

多くの方が債務整理を行い借金の返済が楽になる分、財産を失ってしまうと思っていますが、実はそんなことはないのです。状況によっては、大切な資産を残せます。

まずは、自分にとって債務整理がどんなメリットやデメリットがあるのかを確認してみてください。デメリットばかりでは手続きをおすすめできませんが、もし多数のメリットがあるなら、ぜひ債務整理を行い借金の負担を軽くするべきです。

関連記事

  1. 自動車ローンを債務整理すると、愛車を手放すことになるの?

  2. 自己破産の弁護士費用は分割払いでOK

  3. 債務整理をする際に心配な、今後の人生や家族に及ぼす影響とは

  4. 任意整理と過払い金請求、方や個人再生・自己破産の温度差

  5. 借金の消滅時効を待って時効を援用するか?それとも債務整理を行うか?

  6. 借金の返済額を減らせる可能性があります