司法書士エストリーガルオフィスの口コミ・批判・体験談



エストリーガルオフィスは借金問題の解決実績が豊富で、相談者や依頼者の生活を第一に考えてくれる親身な司法書士が対応してくれる法律事務所です。

法律事務所によっては交渉が難しい案件や確実な成果が望めない案件は相談しても対応を断られるケースも少なからずあります。
最近は利息制限法の上限金利を超えた違法な金利を取っていた貸金業者に対する過払い金返還請求が、法律事務所のテレビCMなどで話題を集めています。

過払い金がない利息制限法のルール内の金利で貸しているケースで返済が困難になっている場合、その方の借入計画や返済計画がずさんであることやリストラなど収入が途絶えているなどの事情があることが多く、交渉がスムーズにいかないと判断されると断られてしまうケースがあるのです。

ですが、エストリーガルオフィスは依頼者の生活再建を第一に考えてくれるので、法定金利内の案件でも対応してくれます。
エストリーガルオフィスでは、任意整理で返済条件の見直しを行うのが基本的な手法です。将来の利息をカットして3年~5年の期間をかけて返済を行うことや一括返済を条件に経過の利息部分を減額する好条件での交渉を得意としています。
相談は無料なので、気軽に無料相談フォームから問い合わせてみましょう。

安心の費用で生活再建をサポート

借金問題を抱える方の生活再建を第一に考えてくれるエストリーガルオフィスでは、費用面も明確で利用しやすくなっています。
相談料は無料で、一人ひとりの生活状況や収支状況などを詳しくヒアリングしたうえで、生活を建て直すために最善の方法や条件で解決に導いてくれます。

任意整理の費用は債権者が2件までの場合は1件あたり30,000円(税別)、債権者が3件以上の場合は1件あたり20,000円(税別)で、事務手数料は一律90,000円(税別)と明確で、1件の債務額が100万円を超える場合は別途費用が必要です。
また、過払い金返還ができた場合の成功報酬は返還額の20%(税別)です。減額報酬や和解成功報酬などの追加費用は一切ありません。

任意整理を通じて返済条件を見直すことで月々の返済負担を軽減させ、これからの生活に無理のない状況に改善できるようサポートしてくれます。毎月の家計収支を踏まえて、その方に合った無理のない返済計画を提案してくれるのが心強いです。

期間や件数問わず1件から対応

エストリーガルオフィスは借入期間や件数に関係なく、1件からでも親身に対応してくれ、法定金利内の案件であっても任意整理が可能です。過去に弁護士や司法書士に相談をしたのに断られた方も、対応してもらえる期待が持てます。

法定金利内で断られた、取引履歴が短いと断られた、取引件数が少ないと相手にしてもらえなかった、無職や失業中で返済の交渉が難しいと断られた方も、エストリーガルオフィスの門を叩いてみましょう。経験豊かなエストリーガルオフィスの認定司法書士なら、債権者と直接の交渉で比較的早期に和解が成立することが期待できます。
一般的には3ヶ月~半年程度かかるのが、スムーズに進めば最短2ヶ月での解決も可能なのです。

通常、法定金利で借りた場合は条件交渉が難しいのですが、リストラや転職、家族やご自身の病気などで月々の支払いが困難になったケースでは、貸金業者にその事情を説明して納得してもらい、将来の利息をカットさせるという交渉も可能です。
エストリーガルオフィスでは、ほとんどのケースで交渉による将来利息のカットに成功しています。

債務整理を相談できる司法書士は誰でもよいわけではありません

債務整理を相談する場所や人として司法書士事務所や司法書士も人気があります。テレビCMや広告を見かけることも増えているからでしょう。ですが、司法書士なら誰でもよいわけではありません。

なぜなら、一般的な司法書士では裁判所に提出する書類の作成の代行はできても、あなたに代わって法廷に立つことや支払督促の手続きや和解や調停などの手続きをすることはできないためです。
債務整理をサポートしてもらうのに有効なのは、特別な研修を積んだ認定司法書士となり、その中でも借金問題解決に豊富な実績を持つ人が安心です。

認定司法書士は簡易裁判所での訴額140万円以内の代理行為ができ、民事訴訟をはじめ、即決和解や民事調停、支払督促や証拠保全、民事保全の手続きの代理人となれます。

相談者に代わって簡易裁判所に出廷して弁論したり、和解に応じたりすることができますので、債務整理のノウハウを持つ認定司法書士に相談するようにしましょう。

関連記事

  1. 債務整理を行ってからローンが組めるか心配な方へ

  2. 無料相談を行っている法律事務所へまずは相談しましょう

  3. ブラックリストに怯えず債務整理を行えます

  4. 賃金業者と交渉を行うなら弁護士の腕に任せましょう

  5. 長く借りているなら過払い金請求の検討を

  6. 公共料金の延滞って債務整理の対象にできるの?