債務整理を行ってからローンが組めるか心配な方へ

債務整理を行うと新たにローンを組むことは難しいのではないかと思っている方もいるでしょう。確かに個人信用情報に記載されてしまうこともあるため、新たな借入は難しいかもしれません。しかし、条件によってはローンを組める可能性もあります。なぜかというと事故情報の記録は永遠ではないからです。

たとえ債務整理を行ったとしても完済してから7年ほど経過すれば新規のローンを組むことも可能だと言われています。もし、債務整理を行い新たなローンを組めなくなることに不安を感じているなら、弁護士に相談してみることをおすすめします。

借金を抱えている方が何よりも重視したいのは、今ある負債をできるだけ早くなくすことです。実際に債務整理を行ったことで借金をゼロにし完済を実現できる可能性もあります。

人によって債務整理のメリットやデメリットには違いがあるので、まずは弁護士に相談してみることが大切です。今の借金を完済できるよう、できる対策法は試してみましょう。

関連記事

  1. 借金減額に効果大!過払い金が発生する条件とは?

  2. 銀行と銀行系カードローンで異なる借金の盲点

  3. 知って損なし任意整理「任意整理のメリット・デメリット」

  4. 投資に失敗で巨額の損失でも債務整理は可能なのか

  5. 高額な利息を債務整理で見直す手続きをしましょう

  6. 自己破産の仕組みとポイントはコレ