債務整理を行う方法の共通点とは

債務整理

債務整理には3つの方法がありますが、そのうち借金を完全になくせるのは、「自己破産」だけです。他の2つの方法である、任意整理・個人再生は完全になく競るわけではないため、注意しましょう。ただし、どの方法にも共通しているのは催促をとめられることと、会社に報告せずに手続きができることです。

自己破産の場合には官報や破産者名簿に名前が掲載されるため、掲載されるのがいやだという場合には、事前に他の方法を選択しましょう。なお、これら3つの方法に共通しているのは、債権者の同意が必要な点です。

債権者の同意できるものであった場合に、これら3つの方法は執行されるため、必ず連絡をしてください。連絡をすることにためらいを感じるなら、事前に弁護士や行政書士に連絡しましょう。
プロとして的確な意見を冷静にアドバイスしてくれるでしょう。なお、自己破産以外の方法では資格制限のある職種につくことは可能といわれているため、仕事を的確にこなして返済を遂げたい人にとっては朗報と言えます。

債務整理にはいろいろな方法があります

債務整理と言えば自己破産のイメージがありますが、整理方法は自己破産だけではなく、借入をしている方の状況に合わせて最適な整理方法が異なりますし、特定調停や任意整理といった方法もありますが、これらの方法についてあまり知っている方が多くいません。

ちなみに任意整理は債権者と直接交渉をするものであり、裁判所を通すことはありません。支払わなければならない借金の減額であったり、また利息の減額をしたいときに任意整理をしますが、このときには司法書士や弁護士に代わって行ってもらうと良いです。

簡易裁判所に手続きをするのが特定調停であり、これは債権者と話し合いを行います。ただ債権者を説得するのが困難であることがあるため、一般的に債務整理の中で任意整理を選択する方が沢山います。特定調停や任意整理と異なるのが民事再生であり、これは返済額を圧縮します。
ただ、裁判所の法的続きをしなければならなかったり、またブラックリストに登録されてしまうため、まずは司法書士や弁護士に相談をしてみましょう。

よくある質問

弁護士が受任通知を送ると、債権者が直接依頼者に取り立てを行う行為は法律で禁じられています。
この規定に違反した場合、厳しい罰則があるため、ほとんどの貸金業者は、取立行為をしなくなります。

弁護士よりも司法書士に依頼した方が債務整理の費用を押さえられることが多いです。

司法書士は140万円以下の簡易裁判所で扱う事件り弁護士と同様の権限を有しています。140万円を超える場合は弁護士に依頼する必要があります。
また自己破産、個人再生は弁護士に依頼する必要があります。自己破産や個人再生などの手続が必要となった場合には司法書士に書類を作成してもらって、依頼者本人で申立て(本人申立て)をすることになります。

貸金業者から借入れした場合の時効期間は5年です。信用金庫、信用組合、個人の貸金業者は10年となります。

はい。内緒で手続きを行うことができます。

保証人に請求がなされます。ですが保証人付きの債務だけ手続きの対象から外すことも可能です。

Load More

任意整理相談所
対応エリア 全国
着手金 無料
メール・電話相談 無料
相談可能時間 24H365日
実績 ★★★★★
総合評価 ★★★★★

アストレックス司法書士 債務整理
対応エリア 全国
着手金 ASK
メール・電話相談 無料
相談可能時間 9:00-21:00
実績 ★★★★★
総合評価 ★★★★☆

エストリーガルオフィス
対応エリア 全国
着手金 無料
メール・電話相談 無料
相談可能時間 9:30-21:00
実績 ★★★★★
総合評価 ★★★★☆

関連記事