債務整理を行うとマイホームを手放さなければならないのか?

住宅ローンが残っている状態で債務整理を行わなければならない場合があります。このとき不安を感じるのは、マイホームを手放さなければならないのだろうかということです。結論からいうと、債務整理の種類によってマイホームを手放さなければならない場合と、手放さなくても良い場合があります。

たとえば自己破産を選択した場合は、住宅ローンの返済が免除されますが、マイホームは差し押さえられて競売にかけられてしまいます。つまりマイホームを手放さなければならないということです。

しかし、任意整理や個人再生という方法を選択すれば、住宅ローンを対象から外すことができます。つまり、マイホームを手放す必要はありません。

ただし、当然のことながら住宅ローンの返済はきちんと続けなければなりません。もし住宅ローンの返済もできなくなってしまった場合は、マイホームを売ってその資金をローンの返済に充てなければならなくなるでしょう。なお債権者から競売にかけられる前に、任意売却で売るほうが高く売ることができます。

関連記事

  1. 過払い金請求は返済中の人でも可能か

  2. 債務整理前に覚えて信用情報機関とブラックリストの仕組み

  3. 自動車ローンを債務整理すると、愛車を手放すことになるの?

  4. 公共料金の延滞って債務整理の対象にできるの?

  5. 債務整理をする際に心配な、今後の人生や家族に及ぼす影響とは

  6. 知って損なし任意整理「任意整理のメリット・デメリット」