債務整理を行うとマイホームを手放さなければならないのか?

住宅ローンが残っている状態で債務整理を行わなければならない場合があります。このとき不安を感じるのは、マイホームを手放さなければならないのだろうかということです。結論からいうと、債務整理の種類によってマイホームを手放さなければならない場合と、手放さなくても良い場合があります。

たとえば自己破産を選択した場合は、住宅ローンの返済が免除されますが、マイホームは差し押さえられて競売にかけられてしまいます。つまりマイホームを手放さなければならないということです。

しかし、任意整理や個人再生という方法を選択すれば、住宅ローンを対象から外すことができます。つまり、マイホームを手放す必要はありません。

ただし、当然のことながら住宅ローンの返済はきちんと続けなければなりません。もし住宅ローンの返済もできなくなってしまった場合は、マイホームを売ってその資金をローンの返済に充てなければならなくなるでしょう。なお債権者から競売にかけられる前に、任意売却で売るほうが高く売ることができます。

関連記事

  1. 長い期間借金返済をされている方は過払い金請求の対象かもしれません

  2. 金利の高いローンは借り過ぎに注意!早めに整理しよう

  3. 債務整理のメリットとデメリット

  4. 借金を滞納した場合のリスクと究極の回避手段

  5. クレジットカードの使い過ぎによる借金もご相談ください

  6. 個人再生の場合住宅ローンの扱いに不安な方はご相談ください

  1. 長く借りているなら過払い金請求の検討を

    2019.08.20

  2. 借金減額に効果大!過払い金が発生する条件とは?

    2019.08.16

  3. 賃金業者と交渉を行うなら弁護士の腕に任せましょう

    2019.08.09

  4. 弁護士に債務整理を依頼すると着手金は取られてしまうのか?

    2019.08.05

  5. 大切な資産を残すことは可能なのか?

    2019.08.01

  1. アヴァンス法務事務所の口コミ・批判・体験談

    2019.04.04

  2. 司法書士エストリーガルオフィスの口コミ・批判・体験談

    2019.03.16

  3. 司法書士法人杉山事務所の口コミ・批判・体験談

    2019.03.14

  4. 司法書士法人みつ葉グループの口コミ・批判・体験談

    2019.02.25

  5. アース司法書士事務所の口コミ・批判・体験談

    2019.02.15