債務整理をする際に心配な、今後の人生や家族に及ぼす影響とは

ローン会社のカードは簡単な審査で作れるため、まるで自分自身の預貯金を引き出す感覚で利用する人が増えています。急にお金が必要になったり、給料日までの繋ぎだけのつもりが、ふと気付くと知らないうちに大きな借金となっているケースは、決して珍しくはないのです。

そして、一度借金地獄の泥沼にはまり込んでしまうと、抜け出すのは容易なことではありません。債務整理は、借金問題を解決するための「救いの手」です。まずは借金問題の解決を優先する必要があると言えます。

借金が増える仕組み

銀行や信販会社に消費者金融など、複数の金融機関から借金を重ねることを「多重債務」と言います。
消費者金融からお金を借りると、高い金利が取られるとして警戒する人は多いですが、クレジット会社が発行するカードのリボ払いや、利用に便利なネットバンクでのキャッシング、そして銀行カードローンも立派な借金の要因です。

中でも住宅ローンは大きな借金ですので、他での借金の金額がたとえ少なくても、数が集まれば膨大な金額になってしまいます。日常の生活費や、遊興に使うためのお金を翌月の給料で返済しようと考えて、気軽な気持ちで借金をしていると、いずれ大きな落とし穴にはまってしまう虞があります。
そして気付いたときにはすでに遅しの「借金地獄」に、どっぷりとはまり込んだ状態になってしまうのです。

債務整理後の人生に生じる影響

そんな果てしなく続く借金生活は、心や身体にもなにがしかの良くない影響を及ぼします。仕事をしていても、頭の中は借金のことでいつも一杯では、仕事に集中することもできません。
莫大な借金を抱えて、給料は返済に充てれば全てなくなってしまうという人は、早急に債務整理を行うことがおすすめです。借金がなくなれば、当然ながら返済の苦しみから解放されます。

これまで、督促を度々受けていた場合は、そのような事態も終わります。これは大変な重圧を下ろすことになると言っても過言ではありません。一方で気になるのは、債務整理を行うことでその後の人生に悪影響を及ぼすことはないのだろうかという疑問ではないでしょうか。

簡潔に言うと、債務整理をすることによって生じる影響は、ほぼないと言えます。しかしながら、借金問題を無事に解決しても、その後の生活プランや人生設計をきちんと立てていなければ、再び借金生活に舞い戻りということにもなりかねません。債務整理は、その後の人生をどのように立て直して生きていくかということを、一緒に考えることでもあるのです。

債務整理が与える家族への影響

では、すでに家族を持っており、家族に内緒で借金返済に苦しんでいる人の場合はどうでしょう。家族の中でも特に奥さんに内緒にしている人にとって、借金問題はかなり深刻です。そのため、債務処理を行うことになかなか一歩を踏み出せずにいるという人も少なくありません。

法律上では債務整理の効果はその本人にのみ帰属し、たとえ家族であっても本人以外の第三者に影響を及ぼすことは一切ありません。本人以外の家族が所有している動産や不動産などの財産が処分されたり、子どもの進学や就職に不利益をもたらすこともないのです。ただし、これは家族が本人に代わって返済する義務を負う「保証人」となっていない場合のことで、もし保証人になっているときは話は全く異なってしまいます。

家族が保証人になっている場合、借金をしていた債務者が「債務不履行」の状況に陥ったときは、保証人が債務者に変わって借金を返済する義務を負うことになります。
債務者が個人再生や自己破産をしたときは、貸金業者は当然ながら保証人に返済を求め、しかも保証人はそれを避けることができないのです。それでは配偶者が債務者である場合、保証人が離婚すればどうでしょう。

婚姻関係を解消することで返済の義務から免れられるかというと、残念ながら保証人である事実を取り消すことはできません。たとえ婚姻関係を解消したとしても、一度保証人になってしまった以上は、配偶者が債権者に代わって返済する義務は変わらないのです。

また、借金返済中に不幸にして債権者本人が死亡した場合、通常引き継がれる家などの不動産や預貯金、あるいは有価証券などの財産と同様に、借金も相続されてしまいます。要するに、債権者が亡くなったので借金は帳消しということにはならないため、財産より借金を多く相続することにもなりかねません。家族に与える大きな影響としては、この二つが考えられます。


手をこまねいているうちにも、借金は雪だるま式に増えていきます。ここはやはり専門家である弁護士の「プロの知識と力」を借りることが、解決への一番の近道です。弁護士事務所は敷居が高く、弁護士に借金の相談をするのは気がひけるという人も多いでしょう。

しかし弁護士事務所の中には、債務処理に関して多くの実績を積んでいるところがあります。そんな弁護士事務所にいる弁護士なら、状況を素早く飲み込み、的確な処理を行ってくれます。

思い悩んで時間を無駄にする前に、まずは法律の専門家を頼りましょう。そうすれば、債務処理もスムーズに行われ、借金のない暮らしを再び取り戻せるに違いありません。

関連記事

  1. 弁護士に債務整理を依頼すると着手金は取られてしまうのか?

  2. 債務整理はバレずにできるのか?

  3. ギャンブルにつぎ込んで負けたり浪費をして借金が返せなくなったら債務整理はできる?

  4. 知るとゾッする!結婚してから人生にかかるお金の額は?

  5. 債務整理をするとスマホや携帯電話が持てなくなるという噂の真相

  6. 自己破産したらライフラインの支払いはどうなるか