債務整理をして新しい生活を始めましょう

現在は消費者金融サービスを使って気軽にお金を借りる方が多いです。
しかし消費者金融サービスを頻繁に利用していれば借金額が膨れ上がってしまいますし、これにより返済に苦慮されている方が多くいます。

自分で返済計画を立てて利用をすることが大切ですが、もし返済が難しい場合は債務整理を行うと良いでしょう。

自己破産や個人再生、任意整理や過払い金請求であるのが債務整理であり、これらの手続きは初心者には難しいため、弁護士や司法書士といった専門家にサポートをしてもらって手続きをするのが一番です。方法によっては手続きをしてから生活に制限が出てしまうことがありますが、借金が減額できれば新しい生活をスタートできるといったメリットがあります。

返済に日々追われていると生活がとても苦しいですし、精神的にも良い状態とは言えないものです。そのため、借金の返済に困っている方は評判が良い法律事務所を探してみて、一度専門家から話を聞いてみてください。

安定した収入があるのなら任意整理がおすすめの理由


債務整理を行う場合、まず検討されるのが任意整理と呼ばれるものです。なぜなら自己破産や個人再生などで発生する可能性がある様々なデメリットを上手く回避させながら、債務だけを減額させられる方法だからです。

通常、任意整理では取引開始時にまで遡り、過払い金がないか調べます。つまり利息制限法の上限金利である15~20%を超えて債務を返済して来なかったが調べられるわけです。

もし過払い金が発生していることが分かれば、上限金利まで引き下げて計算しなおします。これにより借金を減額することができます。

そのうえで、金利をカットしてもらい元本のみを3年程度で返済していく旨の和解交渉を進めていきます。自己破産のように債務をゼロにさせるような交渉ではありませんが、月々の返済負担を減額させることができます。
ある程度の安定した収入がある人なら、この任意整理を行ったうえで残りの返済を続けていくのが今後の生活のことを考えるうえでも得策です。

自己破産は究極の債務整理の手段


債務整理には、任意整理・特定調停・個人再生・自己破産と4つの方法があります。このうち、自己破産は全ての借金の債務が免責となる究極の債務整理です。

返済義務が免除となる代わりに、自己破産では自宅などの財産・資産は競売にかけられて代金が債権者に分配されることとなります。自宅や自家用車を所有していなくても、自己破産の手続きは可能です。
収入がほとんどなく、財産や預貯金もないというケースでは裁判所による自己破産の判決とともに全ての借金がリセットされます。

自己破産が認められれば、返済義務がなくなり生活の再スタートが可能です。
一定額の預貯金は生活のために残すことができますし、最低限必要な家財道具も競売にかけられることはなく手元に置くことができます。住まいが賃貸住宅という方も、人生の再スタートが可能です。

自己破産が認められると決められた期間は一定の仕事に就くことができないなどの制約はありますが、借金が膨らんで自分一人の力ではどうにも立ちいかなくなってしまったらためらわずに早いうちに法律の専門家に相談するのがベストです。

関連記事

  1. 自己破産の仕組みとポイントはコレ

  2. アストレックス司法書士事務所の口コミ・批判・体験談

  3. ギャンブルにつぎ込んで負けたり浪費をして借金が返せなくなったら債務整理はできる?

  4. 自己破産したらライフラインの支払いはどうなるか

  5. 知っておきたい過払い金請求の流れ

  6. 個人再生の場合住宅ローンの扱いに不安な方はご相談ください