債務整理は誰にも知られたくないのが本音です

借金がある人の割合は今や2人に1人と言われるほど、何らかの形でお金を借りている人が増えています。これには住宅ローンやマイカーローンなども含まれますので、中にはお金を借りているという実感があまりないものもあります。

クレジットカードのリボ払いも借金の一つと考えられることから、2人に1人は借金があるというのは、それほど大げさな数字とは言えないのかもしれません。
ただ、返済が滞るほどに借金が増えてしまったとなると、かなり悩みは大きく深くなるでしょう。それなのに、誰にも知られることなく解決したいと人は考えます。

そんな時に頼りになるのが、債務整理.comのご紹介させていただく法律事務所のような法律家が在籍する法律事務所です。依頼人とのやり取りに関しては守秘義務がありますので、いくら親しい人からの問い合わせであっても、何を話したのかといった内容を漏らすことは一切ありません。借金返済が滞り、生活に支障をきたして家族や周りの人たちに気づかれてしまう前に、債務整理のことをよく知る法律家に相談してみませんか。

シングルマザーの借金問題の相談なら


経済的な問題から債務整理を身近な物としている傾向を見せるのは、シングルマザーとして頑張っている方々です。債務整理は仕事と育児等を両立するには金銭面でフォローをする為に、御客様が出した現実案と言えるかも知れません。

弊社を訪ねて下さる御客様に対して最適なのか否かを決定するには、出来るだけ詳しい情報を御客様から出して頂く事が肝心です。弊社の担当弁護士が御客様の心情を察して、さまざまなインタビューを致しますが、お気を悪くせずにお答え頂けますようお願い致します。

借金をしていてもそれ程多額ではない場合は、金利等の免除だけで間に合うかも知れません。この様な場合は、任意整理をお薦めしております。しかし現状の収入面だけで借金の完済が困難な場合は、個人再生をお薦めする事も御座います。

個人再生は弊社担当者が債権者とのやり取りの中で、関連書類の作成等を行い、借金を最大5分の1に減らす様最大限の努力を払います。また住宅ローン特例という制度を利用すれば、御客様のご自宅を残す事が出来る訳です。

更に言えば、個人再生の小規模個人再生という手続きをさせて頂き、債権者の反対が半数を切れば認められます。正規職員でなくても良いので、興味をお持ちのシングルマザーで尽力されている方はお問い合わせ頂ければ詳しいお話をさせて頂きます。

債権者と直接かかわらずに済みます


お金を貸した人のことを債権者と言いますが、お金を借りた債務者が債権者と話をしても勝ち目はありません。お金を借りたという時点で、すでに負い目があるからです。おそらく借りるにあたって借用書にサイン、捺印をしているでしょうから、法的には返済する義務があります。

ただ、違法に高い金利で貸し付けの契約が結ばれている場合は、債務者側が債権者側に対して違法だと言う権利があります。ただ、権利はあれども実際に言っても聞く耳を持ってくれないでしょうし、そもそも言うことさえできないのが現実です。
そんな弱い立場の債務者に代わって、借金の減額や、あるいは借金をなしにすることさえできるのが、弁護士と司法書士です。これらの法律家が債務者に代わって、債権者と交渉します。

当社にご依頼いただいた場合、当社に在籍する法律家が債務者からの依頼を受けて債権者と話し合いを行いますので、債務者であるご依頼人が債権者と直接かかわることは一切ありません。
すべて法律家に任せておくことで、最良の手段で債務整理を行えます。悩んでいるなら、まずは債務整理.comのご紹介させていただく法律事務所の無料相談をご利用ください。

関連記事

  1. 損してません?得する確定申告の払い方【まとめ】

  2. プロミスで借りている借金が返済できなくなってしまった時

  3. 司法書士エストリーガルオフィスの口コミ・批判・体験談

  4. 債務整理をしたら借金が完済するまでどのくらいの期間がかかるのか?

  5. 債務整理を行ってからローンが組めるか心配な方へ

  6. クレジットカードを残して債務整理する場合