債務整理はバレずにできるのか?

借金で首が回らないといった方は収入が少ない方ばかりではありません。ときエリート会社員なども借金で悩まされることがあります。投資で失敗した、買い物をしすぎた、恋人に貢いでしまった、ギャンブルで使ってしまったなど理由は様々ですが、最近は借金に困ったからと会社の資金を横領したり、流用して捕まるニュースも増えています。誰にも相談できずに、職場でこっそり穴埋めをしようとしたわけですが、犯罪に手を染めるより、合法の手段で債務整理をしたほうが人生も明るいです。

もっとも、多くの方が職場の人には知られたくないと悩まれるようです。お金の問題を抱えていると信頼を失う、昇進に支障が出るなとと考えてしまう方も多いからでしょう。では、債務整理は職場の方にバレずにできるのでしょうか。
この点、自己破産は裁判所で行われ、債権者への公告が出されたり、場合によっては職業制限を受けるため、やや知られるリスクはあります。これに対して任意整理は弁護士などの守秘義務がある専門家が、債権者と直接交渉するのでバレにくいのがメリットです。

債務整理は借金の返済に困った方に最適です

クレジットカードのリボ払いやキャッシング、消費者金融からお金を借りた際に借金額が膨らんでしまえば返済が難しくなってしまいますが、そのような方の相談を受け付けているのが弁護士事務所です。もし生活を圧迫するほど借金を抱えている場合は、一度弁護士事務所へ相談をしてみましょう。

法律事務所の中には電話のみだけでなく、ホームページから相談を受け付けているところがありますし、多額な借金があって勤務先や家族に知られることなく借金をなくしたいという方は、早めに法律事務所へ問い合わせてみてください。

法律事務所では借金の返済がしづらい方向けに債務整理の提案をしていますが、一口に債務整理とはいっても任意整理や個人再生、特定調停や自己破産といったいろいろな手段があります。これらの手段にはそれぞれの特徴があるため、専門家へ一度相談をすることにより相談者に合った方法をアドバイスしてくれます。このようにすぐにでも借金問題を解決したい場合は、債務整理をチェックしてみてください。

関連記事

  1. ブラックリストに怯えず債務整理を行えます

  2. 過払い金請求の時効・発生する仕組みから借金の減額まで

  3. 任意整理でも難しい借金問題の解決法

  4. 過払い金請求は返済中の人でも可能か

  5. 自衛官は秘密裏に債務整理をしましょう

  6. 債務整理中や債務整理したあとにお金を借りるにはどうする?