債務整理のメリットとデメリット

債務整理を行う場合、そのメリットとデメリットをよく理解する必要があります。まずメリットは債務の返済額を減額させることができることです。そんな都合の良いことが可能なのかと思われる方も多いのですが、実際多くの方が債務整理を通して借金を減額させています。

そしてそのことによって生活を立て直すことができ、将来の不安を軽減させています。債務整理をスムーズに進めていくためには、弁護士及び認定司法書士に代理人になって交渉してもらう必要があります。

手続きをスタートさせると直接の取り立てが止まりますので、精神的なストレスも大きく軽減させることができるでしょう。このように大きなメリットのある債務整理ですが、デメリットがないわけではありません。

一つはブラックリストに載ってしまう可能性があることです。
ブラックリストに載ると、5年~10年の間は新たな借り入れができなくなってしまいます。
従って債務整理を行う場合は、借金に頼る生活とは縁を切る覚悟が必要です。

関連記事

  1. クレジットカードを残して債務整理する場合

  2. 債務整理における家族や保証人そして仕事への影響とは

  3. 債務整理を行う目安と判断基準を確認しよう

  4. 消費者金融にはなく銀行カードローンにはあるリスクとは

  5. 総量規制と債務整理すべきかどうかの判断は

  6. 平成19年以前の借金は過払い金の可能性「大」