借金を返すための借金をする前に

借金問題で悩んでいる人の多くが、はじめはほんの数万円の小額、返済できるはずの金額を借りています。返せるはずのお金が、月々数千円から数万円程度の返済が難しくなってしまって、借金を返済するためにさらにお金を借りてしまうという悪循環に陥りがちです。一度借金を返すための借金をしてしまうと、ほとんどのケースで多重債務で苦しむ結果になってしまいます。ですから借金を返すための借金は最悪の手段だといえるのです。返済が難しくなってしまったときには、お金を新たに借りる手段を探すのではなく、専門家にご相談いただき、一緒に減らす方法を探していきましょう。
借金問題の専門家に相談をしてもらえれば、生活を破綻させることなく立て直すお手伝いをすることができます。借金を返済していくためにはどうしたらいいのか、利息などについて改めて金融業者と交渉をすることはできないのかなど、できる限りの対策をとることが可能です。お金を借りる前に、債務整理.comのご紹介させていただく法律事務所の専門家に相談してください。

よくある質問

弁護士が受任通知を送ると、債権者が直接依頼者に取り立てを行う行為は法律で禁じられています。
この規定に違反した場合、厳しい罰則があるため、ほとんどの貸金業者は、取立行為をしなくなります。

弁護士よりも司法書士に依頼した方が債務整理の費用を押さえられることが多いです。

司法書士は140万円以下の簡易裁判所で扱う事件り弁護士と同様の権限を有しています。140万円を超える場合は弁護士に依頼する必要があります。
また自己破産、個人再生は弁護士に依頼する必要があります。自己破産や個人再生などの手続が必要となった場合には司法書士に書類を作成してもらって、依頼者本人で申立て(本人申立て)をすることになります。

貸金業者から借入れした場合の時効期間は5年です。信用金庫、信用組合、個人の貸金業者は10年となります。

はい。内緒で手続きを行うことができます。

保証人に請求がなされます。ですが保証人付きの債務だけ手続きの対象から外すことも可能です。

Load More

任意整理相談所
対応エリア 全国
着手金 無料
メール・電話相談 無料
相談可能時間 24H365日
実績 ★★★★★
総合評価 ★★★★★

アストレックス司法書士 債務整理
対応エリア 全国
着手金 ASK
メール・電話相談 無料
相談可能時間 9:00-21:00
実績 ★★★★★
総合評価 ★★★★☆

エストリーガルオフィス
対応エリア 全国
着手金 無料
メール・電話相談 無料
相談可能時間 9:30-21:00
実績 ★★★★★
総合評価 ★★★★☆

関連記事

  1. バレずに借金を完済する方法を伝授します。

  2. 自己破産の弁護士費用は分割払いでOK

  3. 債務整理を行う方法の共通点とは

  4. 安定した収入がある方には自己破産より個人再生をおすすめします

  5. つぶれた金融会社からも過払い金請求できるか

  6. 住宅ローンを債務整理する時、マイホームは手放さないとダメ?