多重債務などの借金を債務整理で減らす!東京・大阪・名古屋をはじめ全国で過払い金,個人再生,自己破産,任意整理は費用など弁護士事務所と司法書士を徹底比較!

  1. 個人再生
  2. 0 view

借金をしていると生活保護を受給することはできる?できない?

借金があるということは生活が困窮しているということ

借金がある状況になったいきさつは人それぞれいろいろありますが、借金があるという時点でお金に困っているというのが現実です。やりくりに苦労しながらも収入と支出のバランスを取って生活をするというのが、本来お金を遣うということのあるべき姿なのですが、借金をしている人はどこかでバランスの取り方を間違えたと言えます。

そのため、お金のやりくりが上手くいかなくなってお金を借りることになったわけです。そんな人が、生活に困って生活保護を申請したとしたら、やりくりに頭を悩ませている人の多くが、立腹するのも無理はありません。

とはいうものの、法律上、借金があるということは生活が困窮しているということとなるため、借金があっても生活保護の申請は可能で、審査内容次第では生活保護受給費が支給されることになります。

生活保護費受給後の借金はどちらもできない

生活保護を受給することができるようになったら、絶対に新たな借金をすることはできなくなります。生活保護を受給することによって金銭的困窮から解放されるのだから、新たに借金するはずなどないではないかと考えるのが普通ですが、お金の収支のバランスが上手にとれない人の中には、生活保護受給費であることを深く意識しない人も多く、これでお金の心配がなくなったとばかりに嗜好品を買ったり、パチンコなどをしたりという人もいるのが、残念ながら現実です。

そのため、今度は生活保護費を受給している状態で再び生活に困窮するという人が少なくないのです。とはいうものの、生活保護受給を受けることになった時点で、受給者は借金を返済することが法律で禁じられます。受け取った生活保護受給費で、これまでに作った借金の返済をすることはできないため、借りることも返すこともできないというわけです。

ただ、ここで矛盾が生じます。借金の取り立て自体は違法ではないということです。その結果、生活保護を受けると借金の返済をすることが法律で禁じられていることから、返済しなくなるものの、督促そのものがなくなるわけではないというのがその矛盾です。

解決方法はあるのか

もし、あと少しという借金なら、督促を受けるのが苦痛だと感じるあまり、受け取った生活保護受給費からこっそり返済してしまおうと考える人もいるでしょう。けれど、もし生活保護受給費から借金返済をしていることが福祉事務所に分かったら、その時点で生活保護受給はストップします。

受給者からしてみれば、受給が決まった時点で借金があることも分かっているのだから、返済してはいけないという決まりがある以上、福祉事務所や法律によって借りた先にお金を返せなくなったから督促は辞めるようにと言ってほしいと言いたいところでしょう。

けれど、督促状を送ったり、借金を返してくださいと常識と言える範囲で行われる督促は、違法行為とはみなされないのです。暴力行為や、迷惑行為に及んだ場合は、生活保護受給者に対し、分かっていながら違法な取り立てを行ったという理由で辞めさせることはできるものの、それでもしつこく督促状を送ってきたり、返済の催促をすることを辞めさせることはできないのが現状です。そこで、何か解決方法はないのかということになりますが、ないわけではありません。

事実を言って分かってもらう方法

お金を貸す貸金業を法律を守って行っている業者であれば、生活保護受給者が受給費から借金返済を行うことを禁じられているということを知っています。そのため、「生活保護を受給することになりました。つきましては、返済しているのが分かると受給できなくなるので、なんとか督促を辞めてもらえませんか」と頼んでみることです。

さらには、「督促されてもどうしても払うことはできませんので、裁判を起こすなりなんなりしてください。それでもこちらとしては状況は変わりません。申し訳ありません」と真摯に訴えれば、まっとうな貸金業者ならたいてい諦めます。

引き下がってくれない場合

問題は、借金の額が高額である場合です。この場合、引き下がってくれない可能性があります。また、高額でなくても、会社によっては働ける分だけ働いて稼ぎ、生活保護費の額を減らし、その稼ぎを返済に充てるようにというかもしれません。その場合は、自己破産するしかないでしょう。

これがもう一つの方法で、いわゆる法的解決策に訴える手段です。通常、生活保護費を受給するにあたって、自分の財産というものは持てなくなりますから、自己破産をしてもそれほどダメージがないというのはいわばメリットにあたります。自己破産の申請は法律の専門家である弁護士や司法書士に依頼するのがベストです。

まとめ


いつかまた生活保護を抜け出して働いて稼げるようになったとき、生活保護を受給していたときに自己破産によって借金を全て清算しておくと、負の財政状況がない状態から自分でお金を稼いで生活する暮らしを、新たに再構築することができるということになります。借金が全てなくなっているということは、精神的には大きなプラスに働くでしょう。

個人再生の最近記事

  1. 債務整理をして新しい生活を始めましょう

  2. 銀行と銀行系カードローンで異なる借金の盲点

  3. 大都市ほど多い借金の悩みを相談できる場所探し

  4. 個人再生の特徴とメリットとは?

  5. 借金をしていると生活保護を受給することはできる?できない?

関連記事

債務整理業者ランキング









口コミ・批判・体験談

  1. 司法書士エストリーガルオフィス

    司法書士エストリーガルオフィスの口コミ・批判・体験談
  2. おしなり法律事務所

    おしなり法律事務所の口コミ・批判・体験談
  3. 新大阪法務司法書士事務所

    新大阪法務司法書士事務所の口コミ・批判・体験談
  4. 司法書士法人みつ葉グループ

    司法書士法人みつ葉グループの口コミ・批判・体験談
  5. 司法書士法人杉山事務所

    司法書士法人杉山事務所の口コミ・批判・体験談
  6. アストレックス司法書士事務所

    アストレックス司法書士事務所の口コミ・批判・体験談
  7. ウイズユー司法書士事務所

    ウイズユー司法書士事務所の口コミ・批判・体験談
  8. ベリーベスト法律事務所

    ベリーベスト法律事務所の口コミ・批判・体験談
  9. アヴァンス法務事務所

    アヴァンス法務事務所の口コミ・批判・体験談
  10. アース司法書士事務所

    アース司法書士事務所の口コミ・批判・体験談

PAGE TOP