借金の問題をより早く解決するなら

借金は順調に返済していくことが理想ですが、無計画な借り入れを行うことで返済が厳しくなる人もありますし、真面目に支払っていても収入が減少するなどで順調な支払いができずに悩む人もあります。借金は地道に返していくことも大事ですが、より早く悩みを解消するのであれば債務整理も検討してみましょう。債務整理というと自己破産が有名ですが、この他にも様々な解決方法があります。例えば、任意整理の場合は裁判所の手続きは必要ありませんので、より早い解決が期待できます。さらに自宅を守りながら借金の返済を楽にするのであれば個人民事再生も有効な方法です。
この場合は裁判所の手続きは必要ですが、財産を処分する必要はありませんし、職業や資格の制限もありません。債務整理は現在の借金の状況や現在の収入などによっても合う方法は変わってきます。債務整理は難しいというイメージがありますが、専門家のサポートがあればよりスムーズで円満な解決が行えます。借金問題でお悩みの方はまずはお気軽に債務整理.comのご紹介させていただく法律事務所へご相談ください。

よくある質問

弁護士が受任通知を送ると、債権者が直接依頼者に取り立てを行う行為は法律で禁じられています。
この規定に違反した場合、厳しい罰則があるため、ほとんどの貸金業者は、取立行為をしなくなります。

弁護士よりも司法書士に依頼した方が債務整理の費用を押さえられることが多いです。

司法書士は140万円以下の簡易裁判所で扱う事件り弁護士と同様の権限を有しています。140万円を超える場合は弁護士に依頼する必要があります。
また自己破産、個人再生は弁護士に依頼する必要があります。自己破産や個人再生などの手続が必要となった場合には司法書士に書類を作成してもらって、依頼者本人で申立て(本人申立て)をすることになります。

貸金業者から借入れした場合の時効期間は5年です。信用金庫、信用組合、個人の貸金業者は10年となります。

はい。内緒で手続きを行うことができます。

保証人に請求がなされます。ですが保証人付きの債務だけ手続きの対象から外すことも可能です。

Load More

任意整理相談所
対応エリア 全国
着手金 無料
メール・電話相談 無料
相談可能時間 24H365日
実績 ★★★★★
総合評価 ★★★★★

アストレックス司法書士 債務整理
対応エリア 全国
着手金 ASK
メール・電話相談 無料
相談可能時間 9:00-21:00
実績 ★★★★★
総合評価 ★★★★☆

エストリーガルオフィス
対応エリア 全国
着手金 無料
メール・電話相談 無料
相談可能時間 9:30-21:00
実績 ★★★★★
総合評価 ★★★★☆

関連記事

  1. 個人再生の場合住宅ローンの扱いに不安な方はご相談ください

  2. ギャンブルにつぎ込んで負けたり浪費をして借金が返せなくなったら債務整理はできる?

  3. 自衛官は秘密裏に債務整理をしましょう

  4. 債務整理の中でも残せる方法はひとつだけある

  5. 債務整理でブラックリスト入り、その後お金は借りられる可能性は?

  6. 債務整理をしたあとでも、クレジットカードは持てる?いつくらいから持てるか解説