個人再生の特徴とメリットとは?

債務整理の一つに個人再生と呼ばれる方法があります。これは任意整理のように裁判所を通さず弁護士などの代理人が直接金融機関と交渉を行うのではなく、裁判所を通して借金の減額の手続きを行っていくのが特賞です。

裁判手続に申し立てを行うためには、必要書類の提出など若干の手間が発生しますが、一般的に任意整理よりも多額の借金を減額させることができるメリットがあります。

そのため任意整理では借金の返済が間に合わないような場合にこの個人再生が選択されることが多いです。具体的な借金の圧縮率は借金の総額によって変わりますが、負債額が500万円から1500万円の間であれば、およそ5分の1まで圧縮させることができます。

そして減額された分を3年~5年で返済していきます。また自己破産のように所有財産が処分の対象となることがないので、家や土地、車などの資産をそのまま残すことができるのも大きな魅力です。詳しいことについては、弁護士事務所や司法書士事務所に問い合わせると良いでしょう。

個人民事再生ってどんな手続きなの?


マイホームを手放したくないという方に選ばれているのが、個人民事再生という手続きです。債務が全額免除される代わりにマイホームをはじめとする高額な財産が売却されてしまう自己破産に対し、住宅ローンは従来通り全額をそのまま返済を続けるための再生計画を立てることで、他の借金の減額を受けることができる制度です。

もっとも、個人民事再生の全ての手続きでマイホームが残せるといったわけではなく、申立時に住宅ローンを除外するための特例を希望する必要があります。個人民事再生では債務の免除は受けられず、裁判所を通じた判断のもとで減額された債務を3年または特例によって5年の期間で分割返済しなければなりません。

そのため、分割返済ができるための条件として、定職に就いていたり、事業を営んでいるなど定期的な収入がある方でないとできません。つまり、無職の方はできない手続きになっています。減額の規模は大きく、最大で9割の減額も可能な場合もあるので、検討の余地はあります。

スッキリした気分を取り戻したいから


借金があるという状況は、お金のやりくりが大変になるだけでなく、常に気分的にもモヤモヤした状態になっているものです。負えなくなった借金は、債務整理を行うことでしか解決できないのが現実問題です。

そして、債務整理を行うにあたっては、法律の専門家が処理しないと法律による解決ができないのもまた事実です。とはいえ、法律家と常日頃からお付き合いのある人などほとんどいないでしょうから、どこ相談すればいいのか分からないという状況になります。

自己破産をすれば、大きなモヤモヤを抱えているであろうごと日を、完全に借金のないすっきりした状態にしてくれます。もう、借金がいくら残っていようと、返済しなくて済むように弁護士が手続きをしてくれるからです。

その代わり、マイホームやマイカー、クレジットカードなどは持てませんので、およそ自分の財産と呼べるものは全てなくなり、手続き完了後も持つことはできません。究極の手段にはそれなりの社会的報酬が伴うということも理解する必要があります。

関連記事

  1. 過払い金請求ができるのはどんな時?

  2. 便利なゆえに注意が必要なクレジットカードキャッシング

  3. 無料相談を行っている法律事務所へまずは相談しましょう

  4. 任意整理と過払い金請求、方や個人再生・自己破産の温度差

  5. 債務整理をしたら貯金はどうなるの?貯金を残すための方法

  6. 知っておきたい過払い金請求の流れ