任意整理と過払い金請求、方や個人再生・自己破産の温度差

債務整理を経験し、上手に利用出来れば借金の督促等で悩まされることはなくなりますから、ある意味素晴らしい仕組みと言えます。ではこの制度に2度お世話になりそうになったとしたら、債務整理は可能か否かは気になる所でしょう。結果を先に述べるなら、債務整理は可能です。とは言え、ある程度の条件を満たす必要があります。もう少し詳しく言えば任意整理と過払い金請求、方や個人再生・自己破産とは温度差があるとお考えください。前者の場合は、特に問題無く債務整理を行えます。しかしながら後者の場合、前回の認可から少なくとも7年間の経過が必要です。仮に7年間経過前にもかかわらず申立を行ったとしても、裁判官から認可を獲得することは困難です。2度目に借金をした理由はギャンブル等では無く、資金繰り等の関係でやも得ず再度自己破産をする人等、様々な方々がおられます。一般人が心情的な訴え出ても、裁判官からの認可を獲得するのは困難ですから、まずは弊社にご相談ください。もちろん、1度目に債務整理を依頼した弁護士事務所ではなくても構いません。この様な事態でも債務整理.comのご紹介させていただく法律事務所であれば債務整理に詳しい弁護士がおりますから、最善策をご提供可能です。

関連記事

  1. 4つの手続きから最適と思われる方法を選ぶのは大変

  2. 自衛官は秘密裏に債務整理をしましょう

  3. なぜ借入の一部だけを債務整理することはできないのか

  4. 住宅ローンを債務整理する時、マイホームは手放さないとダメ?

  5. 借金の問題をより早く解決するなら

  6. 返済が少しでも厳しい時にはまずはお問い合わせください