任意整理でも難しい借金問題の解決法

債務整理の中で最も多いのが任意整理で、月々の利息の返済額を減額して借金の完済を行う方法です。任意整理をする際には弁護士や司法書士が金融業者と交渉し、利息の返済額を減らすことに成功するよう尽力してくれますので、無事に完済した人も多くいます。

しかし、任意整理をしてもなおかつ支払いが困難な場合や、支払うめどが立たないときには個人再生の方法がおすすめです。

個人再生とは債務総額を1/5(最低額は100万円)にまで圧縮し、3年間の期間の間に返済していく方法です。

借金をしながら住宅ローンを支払っている場合でも、住宅ローン以外の債務を圧縮することができるため、自宅を手放さなくても済みます。

しかし、個人再生は裁判所の関与のもとで進められ、厳格で複雑な手続きを必要とします。
自己破産に類似する方法ですので、手続きは債務整理に詳しい弁護士に任せるのが一番です。

法律事務所には個人再生を得意とする弁護士が揃っていますので、どんな悩みも相談してみましょう。

関連記事

  1. 借金をしていることがばれずに債務整理を行うことは果たして可能なのか

  2. 債務整理を行うとマイホームを手放さなければならないのか?

  3. 借金を滞納した場合のリスクと究極の回避手段

  4. 債務整理後の延滞はまずい?どのくらいリスクがある?

  5. 個人再生による借金整理をおすすめします

  6. 債務整理中や債務整理したあとにお金を借りるにはどうする?