以前の借金の過払い金に心当たりはございませんか

現在カードローンやキャッシングを利用すると、利息制限法で上限を定める金利内で利息が計算されるので過払い金は発生しなくなっています。過払い金が発生するのは、利息制限法よりも高い上限を設定する出資法の適用で金利を設定していた時期の借金です。

対象期間に借入をしたお金であり、出資法の上限金利適用で利息計算されていたケースでは過払い金の請求が可能です。過払い金は法律に基づき正当な権利として債務者が請求できるお金なので、返済状況には関わりなく手続きできます。例えば、返済が滞ってしまっている方でも該当の過払い金があれば請求可能です。

現在では違法となっている金利で借り入れをし、借りている期間が長くなればなるほど複利計算によって過払い金は増えていきます。よって、請求手続ききをして返還された過払い金で完済できるケースも少なくありません。

債務整理.comのご紹介させていただく法律事務所では、過払い金請求の対象となるかどうか、いくらぐらい返還されるかなど過払い金の請求についてのご相談を受け付けています。過払い金の請求手続きには、最終の取引から10年という時効があります。過払い金に心当たりのある方は、どうぞお早めにご相談ください。

関連記事

  1. 過払い金返還請求と債務整理は似ているようで異なっているのをご存知ですか?

  2. 平成19年以前の借金は過払い金の可能性「大」

  3. 複数の金融機関からの借金は・・

  4. 消費者金融との煩わしい交渉もお任せできます

  5. 自己破産のいろいろ

  6. 民事再生で家を残しながら借金を減らす方法