バレずに借金を完済する方法を伝授します。

最初は軽い気持ちで始めた借金が、気付けばいつの間にか多額の金額になっていたという経験を持っている人は、少なからずいることでしょう。借金が膨れ上がれば膨れ上がるほど、家族に事実を打ち明けづらくなります。

毎月の返済が苦しくなったり、いくら返しても全く借金が減らないとなると、焦る気持ちも募ってきます。取り立てが厳しくなり、恐怖感に苛まれ、ついには精神的に追い込まれる事態になることもあり得ます。そうなる前にまずは一人で悩まず、早急に借金返済に力を貸してくれる方法を探してみましょう。

金融業者のハシゴは厳禁


借金返済のために、別の金融業者から借りて他の金融業者への返済に充てるということを繰り返すと、借金は減るどころかますます増える悪循環に陥ってしまいます。このやり方はその場しのぎになるだけで、根本的な解決には結び付きません。

金融業者をハシゴすればするほど、債務の取り立てが複数から押し寄せ、一層追い詰められることも考えられます。ここまで来たらもはや一刻の猶予もありません。借金の返済が苦しいという現状に対して、何らかの対処を行う必要が差し迫っているのです。

家族にばれないように借金を返済する方法はある?


借金の返済で苦しんでいる人の多くは、借金をしているという事実を隠している、もしくは話せないというケースがほとんどでしょう。奥さんや家族にばれたらどうしようと頭を悩ませ、仕事もろくに手につかず、頭の中はいつも借金の返済のことばかり、となれば毎日の生活が苦痛極まりない状態になります。眠れない日々が続けば、身体に不調を来す危険性も十分あり得るのです。

では、奥さんや家族にばれないように借金を返済する手立てが、果たしてあるのでしょうか。実はいくつか救済される方法が存在するのです。人によって状況が異なりますから、これがベストという手段を探し出して早急に取り組んでください。

借金無料診断を利用する方法


インターネット上で検索すると、借金返済について詳しい説明や解説を行っているサイトが見つかります。そして、中には無料で借金の返済手段について相談にのってくれるところがあるのです。

無料相談を希望する場合、たいていのところが匿名での相談を可能としていることや、24時間、365日受け付けている点も特徴です。
また、電話で話せる環境にない人のためにメールでの相談にも対応してくれます。借金の状態を包み隠さず正直に全てを話すことで、返済をストップできるケースに該当することが分かる場合があります。相談に乗ってくれるのは借金返済に関する専門家ですから、いろいろな対処法を知っているのです。

例えば、長期間に亘って借金の返済を行っていた場合は、過払い金が発生することがあります。この過払い金の利息によって借金が減額あるいは完済することができるのです。すなわち、返済期間が長ければ長いほど、過払い金に対する利息が多くなり、返済が楽になるというわけです。

完済が無理でも返済をストップさせることができれば、月々の返済金額が大幅に減り、早い場合は1年と経たずに借金とサヨナラできる人もたくさんいます。まずは、無料相談を検討するのが有効な方法です。

借金減額診断シミュレーターを使ってみる


インターネット上で紹介されている借金無料診断のように、借金減額診断シミュレーターを使って自分の借金がいくらぐらい減額できるのか、シミュレーションできるシステムを用意しているサイトもあります。診断を行うと、近くに相談できる法律事務所が紹介されるという仕組みです。

自己破産するしか方法はないと思い詰めていた人が、実際に相談してみるとそこまでする必要がないことが分かる場合があります。相談にのってくれるのは弁護士や司法書士などの法律を熟知した、いわばプロ中のプロの人たちです。

相談内容を吟味して、任意整理で大幅に借金が減額できるとなれば、任意整理の和解交渉は全て弁護士や司法書士が行ってくれます。弁護士事務所や司法書士事務所に赴き、依頼をするだけで借金の減額が可能です。最大のメリットは何もしなくても、結果を待っているだけで必要な手続きが行われることでしょう。

その結果、返済額が減り毎月の返済がぐんと楽になるので、早いうちに借金を完済することができます。返済額が減れば、奥さんや家族にばれずに完済することも可能です。もう一つ重要なポイントは、家族にばれずに借金返済の手続きを進めてくれる法律事務所を選ぶことです。

中には対応できない事務所もありますので、その場合は対応可能な法律事務所を探してみましょう。その点、借金減額診断シミュレーターを使えば、減額できる金額の目安を知ることができるだけでなく、ばれることなく債務処理を進めてくれる法律事務所を自分が住んでいる地域から探してくれます。シミュレーションは匿名ででき、しかも無料ですので使ってみる価値が十分ある方法です。

まとめ


借金を自転車操業で繰り返しても、解決するどころか悪化の一途を辿るばかりです。家族に知られたくない人は、一人で問題を抱え込むと解決に繋がりません。借金返済に関する知識を持つ専門家がいますので、その力を借りることで早期の完済に繋がります。

よくある質問

弁護士が受任通知を送ると、債権者が直接依頼者に取り立てを行う行為は法律で禁じられています。
この規定に違反した場合、厳しい罰則があるため、ほとんどの貸金業者は、取立行為をしなくなります。

弁護士よりも司法書士に依頼した方が債務整理の費用を押さえられることが多いです。

司法書士は140万円以下の簡易裁判所で扱う事件り弁護士と同様の権限を有しています。140万円を超える場合は弁護士に依頼する必要があります。
また自己破産、個人再生は弁護士に依頼する必要があります。自己破産や個人再生などの手続が必要となった場合には司法書士に書類を作成してもらって、依頼者本人で申立て(本人申立て)をすることになります。

貸金業者から借入れした場合の時効期間は5年です。信用金庫、信用組合、個人の貸金業者は10年となります。

はい。内緒で手続きを行うことができます。

保証人に請求がなされます。ですが保証人付きの債務だけ手続きの対象から外すことも可能です。

Load More

任意整理相談所
対応エリア 全国
着手金 無料
メール・電話相談 無料
相談可能時間 24H365日
実績 ★★★★★
総合評価 ★★★★★

アストレックス司法書士 債務整理
対応エリア 全国
着手金 ASK
メール・電話相談 無料
相談可能時間 9:00-21:00
実績 ★★★★★
総合評価 ★★★★☆

エストリーガルオフィス
対応エリア 全国
着手金 無料
メール・電話相談 無料
相談可能時間 9:30-21:00
実績 ★★★★★
総合評価 ★★★★☆

関連記事

  1. 返済が少しでも厳しい時にはまずはお問い合わせください

  2. 神社好きにはたまらい!お金の縁を呼び込む色々神社ランキング

  3. 複数の借金の返済で困った場合、将来的にみて一本化するのと債務整理どちらがいいの?

  4. 債務整理をして新しい生活を始めましょう

  5. 銀行と銀行系カードローンで異なる借金の盲点

  6. 返済不能になった場合の自己破産という手段