グレーゾーン金利の返還請求は正当な権利です

過払い金の請求は、以前に支払ったグレーゾーン金利の利息を取り戻す手続きです。債務整理.comのご紹介させていただく法律事務所では、グレーゾーン金利の利息請求をお手伝いしています。グレーゾーン金利というのは、利息制限法の上限は超えるが出資法の上限は超えないという法的にグレーな金利です。この金利により返済が困難になる人が多発し、その後の法律改正と裁判の判決によって利息制限法の上限以上の金利は違法とされています。そのため現在はグレーソーン金利での貸し付けはありませんが、グレーゾーン金利で利息を支払った期間がある債務者は法令の元にお金を取り戻すことができます。このグレーゾーン金利の請求が過払い金請求と言われる手続きです。
過払い金の請求は債務者にとって正当な権利なのですが、請求をためらう方が少なくありません。その理由のひとつに、借入時に貸金業者と正式に契約書を交わしていることがあります。利息制限法の上限以上の金利で借金をすることを契約書の中で了承し署名・捺印をしているので過払い金請求の対象外ではないかと考える方が多いようです。しかし利息制限法の上限は法律で強制力を持ち、既定されているので、契約書を交わした以上の効力を持つものです。債務整理.comのご紹介させていただく法律事務所では、相談者様の正当な権利である過払い金請求を丁寧にフォローします。

関連記事

  1. 結婚や離婚で姓が変わればブラックリストから消えて借りられるようになる?

  2. ブラックリストとはどういうものか

  3. 返済不能になった場合の自己破産という手段

  4. 奨学金による借金という問題を解決

  5. 債務整理でブラックリスト入り、その後お金は借りられる可能性は?

  6. 賃金業者と交渉を行うなら弁護士の腕に任せましょう