クレジットカードを残して債務整理する場合

債務整理を行うと、クレジットカードを作ることができなくなります。自己破産や個人再生の場合、現在保有しているクレジットカードも使うことができなくなるため、注意してください。しかし、債務整理の中でも任意整理であれば、現在保有しているクレジットカードを残すことが可能です。

カード会社によって対応は異なりますが、事前に確認して活用することが重要となります。ただし、任意整理の対象となった会社のクレジットカードは、もれなく使えなくなりますので注意してください。

どうやってクレジットカードを残したらいいのか、その方法として挙げられているのは、カード会社ごとに任意整理の対象とするかどうかを決定することです。カード会社に融資を受けている場合、別の会社のものだけを任意整理の対象としていることで、カードの使用条件に大きな影響をもたらすことはなくなります。

結果としてカードを残すことができるため、どうしてもカードを残したい人は任意整理の対照とする会社を考えて任意整理しましょう。

関連記事

  1. 弁護士に債務整理を依頼すると着手金は取られてしまうのか?

  2. ギャンブルにつぎ込んで負けたり浪費をして借金が返せなくなったら債務整理はできる?

  3. 債務整理をするとスマホや携帯電話が持てなくなるという噂の真相

  4. 債務整理前に覚えて信用情報機関とブラックリストの仕組み

  5. 借金の返済額を減らせる可能性があります

  6. 自己破産の手続きは2種類の方法があります