クレジットカードのキャッシングも借金返済に該当します

クレジットカードに付いているキャッシング枠は、急にお金が必要というときに使えて非常に便利です。ほとんどの人がクレジットカードを1枚くらいは持っているのが当たり前の時代ですので、キャッシングを付けておくと、急に入り用になったとき安心でしょう。

とはいえ、クレジットカードのキャッシングを利用した場合の利率は、100万円未満では18%、100万円以上であれば15%というところがほとんどで、これは銀行系カードローンとほぼ同じと言える、なかなかに高い利率です。

そのため、限度枠いっぱいにまで借りてしまうと、返済利息がそこそこの高額になることは明らかです。クレジットカードのキャッシングで借りたお金の返済ができなくなった場合も、債務整理によって精算することになります。

カード会社との間に法律家が入ると、クレジットカードとしては仕方ないという雰囲気になるのではないでしょうか。それくらい、法律家による債務整理は手段こそ違えど効果が高いといえます。

関連記事

  1. 家族に内緒で任意整理を完了させたいなら

  2. 誘惑の多い大都市で債務整理を考えることになったら

  3. 借金の返済額を減らせる可能性があります

  4. ブラックリストとはどういうものか

  5. 自己破産の相談は借金問題解決のエキスパートに

  6. 債務整理のメリットとデメリット

  1. 長く借りているなら過払い金請求の検討を

    2019.08.20

  2. 借金減額に効果大!過払い金が発生する条件とは?

    2019.08.16

  3. 賃金業者と交渉を行うなら弁護士の腕に任せましょう

    2019.08.09

  4. 弁護士に債務整理を依頼すると着手金は取られてしまうのか?

    2019.08.05

  5. 大切な資産を残すことは可能なのか?

    2019.08.01

  1. アヴァンス法務事務所の口コミ・批判・体験談

    2019.04.04

  2. 司法書士エストリーガルオフィスの口コミ・批判・体験談

    2019.03.16

  3. 司法書士法人杉山事務所の口コミ・批判・体験談

    2019.03.14

  4. 司法書士法人みつ葉グループの口コミ・批判・体験談

    2019.02.25

  5. アース司法書士事務所の口コミ・批判・体験談

    2019.02.15