クレジットカードのキャッシングも借金返済に該当します

クレジットカードに付いているキャッシング枠は、急にお金が必要というときに使えて非常に便利です。ほとんどの人がクレジットカードを1枚くらいは持っているのが当たり前の時代ですので、キャッシングを付けておくと、急に入り用になったとき安心でしょう。

とはいえ、クレジットカードのキャッシングを利用した場合の利率は、100万円未満では18%、100万円以上であれば15%というところがほとんどで、これは銀行系カードローンとほぼ同じと言える、なかなかに高い利率です。

そのため、限度枠いっぱいにまで借りてしまうと、返済利息がそこそこの高額になることは明らかです。クレジットカードのキャッシングで借りたお金の返済ができなくなった場合も、債務整理によって精算することになります。

カード会社との間に法律家が入ると、クレジットカードとしては仕方ないという雰囲気になるのではないでしょうか。それくらい、法律家による債務整理は手段こそ違えど効果が高いといえます。

関連記事

  1. 大切な資産を残すことは可能なのか?

  2. ブラックリストに怯えず債務整理を行えます

  3. 債務整理をする際に心配な、今後の人生や家族に及ぼす影響とは

  4. 債務整理をすると銀行口座が凍結されるって本当?凍結に備えた対策も知っておこう

  5. 金利の高いローンは借り過ぎに注意!早めに整理しよう

  6. 銀行系カードローンの借金の債務整理の方法とは