クレジットカードで首が回らなくなった時に最初にする事

買い物の支払い手段として便利なクレジットカード、最近ではポイント還元やカード保持者への各種サービスの提供など数多くの特典が付いているので現金支払いと比較してとても重宝する存在です。

また、一回での支払いの負担が大きい場合にはリボ払いという分割払いも可能です。しかし、このリボ払いはややもすると曲者で気をつけなければなりません。一括払いには利子はつかないのですが、リボ払いを選択すると消費者金融からお金を借りたのとほぼ変わらない金利がかかってくるのです。

リボ払いを選択すると知らず知らずに負担が大きくなり、気が付けば返済不能という事態に陥る可能性すらあり得ます。
もしあなたがクレジットカードの使い過ぎでにっちもさっちも行かないようであればすぐに債務整理.comのご紹介させていただく法律事務所にご相談ください。
債務整理.comのご紹介させていただく法律事務所は債務整理のプロとしてあなたの話に真摯に耳を傾けます。任意整理として利子分の免除や一回の支払額の軽減などあなたに有利に事を運びます。

借金やクレジットカードの支払いで生活が苦しいと感じたら


近年では不景気の波に押されて、何かとお金がかかることが多くなっています。もし、月々の借り入れの返済やクレジットカードや分割購入の支払いが厳しいと感じるようになったら、債務整理を検討してみませんか。

債務整理をすると一定期間は信用情報に記載されて、借り入れやクレジットカードの利用や分割購入が難しくなります。しかし、返済で生活を圧迫されることがないため暮らしやすくなるでしょう。債務整理.comのご紹介させていただく法律事務所では債務整理の相談も受付しております。

利用残高がまだ少ないうちであれば、裁判所を通さなくても私的に解決できることがあります。例えば、借り入れや利用額の元金を全て支払う代わりに、将来的に発生する利息をカットして毎月の支払額を軽減するケースにも相手方に応じてもらえる場合があります。

また、借金の場合は過払い金が発生していることがあり、時効が到来していない場合であれば、過払い金返還請求をして、還ってきたお金で借金を相殺することも可能な場合もあるのです。
債務額が少ないうちであれば、ご家族にも分からずに債務整理が可能な事例もあるので、できるだけ早いうちに債務整理.comのご紹介させていただく法律事務所までご相談ください。

メールフォームで簡単にご相談頂けます


債務整理.comのご紹介させていただく法律事務所には、無料のご相談を受け付ける専用フォームがございますので、そちらから借金に関するお悩み事をお気軽にお尋ねいただくことができます。

借金をしていることをご家族に内緒にされている方や、たとえ相手が法律のプロとはいえ、電話ではなかなか話しにくいという方には、メールという手段の方が気が楽なのではないでしょうか。
当社としましてはメールを拝見した上で、債務整理と言ってもいろいろある手段の中から、もっとも適した方法をアドバイスできると存じます。

メールでのお問い合わせに際しましては、ある程度具体的なことを書いていただいた方がいいでしょう。現在の借金の額及び収入額、毎月どのくらい返済してどのくらい返済期間が過ぎているのかなどにより、適切な債務整理の方法が変わってきます。無料相談のメールの返信をきっかけにお願いしようとお考えになる方は多くいらっしゃいます。

関連記事

  1. 平成19年以前の借金は過払い金の可能性「大」

  2. 借金の問題をより早く解決するなら

  3. 債務整理後の延滞はまずい?どのくらいリスクがある?

  4. 債務整理をしたら貯金はどうなるの?貯金を残すための方法

  5. 損してません?得する確定申告の払い方【まとめ】

  6. 民事再生で家を残しながら借金を減らす方法