つぶれた金融会社からも過払い金請求できるか

過払い金請求に対して、どれくらい前まで返してもらえるのかは、ご存知の方も多いでしょう。最終取引から10年間が時効となっているため、10年近く前に借りたローンのことで返済が終了している場合であっても対象となります。

また、既になくなってしまった会社のカードローンやクレジットカードなどでのローンであっても、業務を受け継いでいる会社が少なくないため、弁護士に相談すると返却してもらえる可能性が高いです。

なぜ、消費者金融系をはじめとした会社がなくなっていても過払い請求金を請求できるのかというと、業務提携や合併しているときに、業務提携先の会社や合併先の会社で業務を請け負う契約を交わしているからです。

会社によっては親会社が子会社を吸収していることも少なくないため、顧客名簿を期限が来るまで引継ぐことから、過払い金請求が可能となっています。

そのため、今はない会社のものであっても過払い金に対して弁護士に相談することで、過払い金をもらえる可能性が少なくありません。前もって相談しておくことで、納得できる金額を手に入れられるチャンスとなっています。

関連記事

  1. アース司法書士事務所の口コミ・批判・体験談

  2. 債務整理を行う方法の共通点とは

  3. 自己破産の相談は借金問題解決のエキスパートに

  4. 債務整理をしたあとでも、クレジットカードは持てる?いつくらいから持てるか解説

  5. 債務整理にかかる費用はどれぐらいなのか

  6. 債務整理中や債務整理したあとにお金を借りるにはどうする?